山田孝之(34)と長澤まさみ(30)が30日、ダブル主演を務めた映画『50回目のファーストキス』(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント配給、6月1日全国公開)の完成披露試写会に出席した。この日は、主題歌「トドカナイカラ」を歌う平井堅がサプライズ登場した。

長澤まさみ(撮影=木村陽仁)

 映画は、ハワイ・オアフ島を舞台に、事故による後遺症で新しい記憶が1日で消えてしまう短期記憶障害を抱える瑠衣(長澤まさみ)と、彼女に一目惚れした元プレイボーイのツアーコーディネイター大輔(山田孝之)との恋を描いた。瑠衣にひとめぼれをした大輔が、彼女の症状を知ってもなお告白し続け、彼女の人生すら変えていく様子が印象的だ。平井はこのなかで、書き下ろしの主題歌「トドカナイカラ」を歌う。

 この日のMCは、笹埼里菜・日本テレビアナウンサー。客席の後方から登場した出演者。山田、長澤を筆頭に、佐藤二朗(48)、太賀(25)、山崎紘菜(24)、そして福田雄一監督が続いた。

 長澤は今回オファーを受けた印象として「福田さんとは『銀魂』でご一緒したことはありますが、でも2日間の撮影で、がっつりした仕事がないな。やっと福田さんと仕事ができる。山田さんとは11年前に映画で共演していて、久しぶりの共演。最近はドラマでナレーションとちょっと出演したぐらいで。(今回の話を頂いた時に)これは楽しそうだな。二つ返事で」と念願だったと明かした。

長澤まさみ(撮影=木村陽仁)

 撮影は全てハワイでおこなった。「(撮影は)楽しかったですね。ハワイに行ってから浮かれちゃって。浮かれますよね」を笑みをこぼした長澤に、監督は「太賀、ものまね」と太賀が急きょ長澤のモノマネを披露。少し控えめにおこなったのか、長澤からは「違うじゃん!」とツッコミ。監督は「みんなが長澤のモノマネをして泣いたんですよ」と、撮影中に出演者が長澤のモノマネをして泣かせたエピソードを以下の調子で紹介した。

長澤 泣いたんですよ。太賀のね。
太賀 僕が長澤さんのモノマネを思い切りやって、山田さんと佐藤さんも混ざって3人のモノマネで長澤さんを囲んだ。
山田 4人の長澤まさみがね。
長澤 ひとりだよ!
大河 最初は笑っていたのに、ポロポロ泣き出して
長澤 悔しいじゃないです。嬉しくて。

 この日は、主題歌「トドカナイカラ」を歌う平井堅も登場。2001年公開され大ヒットを記録し、長澤も出演した映画『世界の中心で、愛をさけぶ』で、平井堅は主題歌として「瞳をとじて」を歌っていた。それ以来の“共演”。平井が主題歌を担当したことについて、長澤は「こういう作品が好きじゃないかなって」と平井の好みであることを察すると平井も「本当に運命的なものを感じました」と語った。

長澤まさみ

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)