X JAPANのYOSHIKIが発したメッセージに共感の声が多数寄せられている。YOSHIKIは24日、ツイッターを更新。連投で以下のメッセージを掲載した。

 「誰だって“もう辞めたい”って思う時はあるよね。自分も、いつもそのギリギリのところを彷徨って来た。それでもなんとか強引に全てをプラス思考に変えてきた」

 「色々大変だと思うけど、なんとか頑張って欲しい。自分のこれからの生き方が、“少しでも友人の背中を押せるように”、そんな生き方をしないといけないね」

YOSHIKIが公開した小室哲哉と談笑する様子。「またいつか一緒に音楽を創作しましょう」とのメッセージも添えた(Instguramより@yoshikiofficial)

 “友人”が誰であるか具体的な固有名詞は挙げていないものの、小室が引退表明した19日に「小室さん、大丈夫ですか?お話ししましょう」とツイート。その翌日に「話して少し安心しました。少しでも力になれれば、と思う人は僕以外にもたくさんいると思います。色々な意味で辛いでしょうが頑張って欲しいです。 音楽家は永遠に音楽家です」と投稿。

 さらに、「またいつか一緒に音楽を創作しましょう。Someday we’ll make music together again. 」として、小室哲哉と談笑する写真を載せていることから友人は小室であることがうかがえる。

 この言葉にYOSHIKIそして小室の双方のファンからは、「その言葉がとても心に響きました」「YOSHIKIさんでも、そんな風に思われることがあるんですよね」「いつも、ヨシキさんに励まされてますよ」「励まされました…ありがとうございます」など心に刺さるとして共感の声が挙がっている。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)