芸能人が特技を競いその分野の頂点を目指す『芸能界特技王決定戦 TEPPEN』が4日夜、フジテレビ系で放送され、ピアノ部門ではAKB48松井咲子、HKT48森保まどかなど出演。前々回王者の松井は決勝に駒を進めるも前回王者のお笑いタレントさゆりに僅差で敗れ王座返り咲きにはならなかった。

 ピアノ部門では、お笑いタレントの青木さやか、松本明子、はるな愛、そして、森保と松井、前回王者のさゆりが出演した。前々回王者で音大在学中の松井は、「異邦人」(91点)で勝ち進んだ森保を、「Let it go~ありのままで~」(94点)で下すと、決勝ではさゆりと対戦。そのさゆりは「残酷な天使のテーゼ」で95点を叩きだし松井の返り咲きを阻止した。

 対戦を終えた松井は「本当に悔しいですが、さゆりさんの演奏は『なんであんなキャシャなのにパワフルな音がでるんだろう」と毎回刺激を頂いているので、もし宜しければまたTEPPENを目指してさゆりさんを目指して頑張っていきたいと思います」と再びの挑戦を誓った。

 アイドルから唯一の参加で、同大会常連の松井と森保の演奏にはゲストや審査員をもうならせた。

 松井の演奏を聴いたSMAPの草なぎ剛は「世界に入り込んじゃいましたね」と賞賛。審査員の音楽家・秦万里子さんは「既に聴いている人を安心させる領域に入ってきたと思ってこちらも和やかに聴けました」と述べて好評価を与えた。

 また、欧州国際ピアノコンクールインジャパン9位の成績をもつ森保の演奏には大歓声があがり、ゲスト陣も総立ちで喝采。審査員の作曲家・服部克久さんは「メロディを弾くところと伴奏のバランスが良かった」と賞賛した。

 その森保は自身の演奏を終えたあと「自分自身で去年よりも納得のいく演奏が出来たのですごく嬉しいです」と笑顔を浮かべ頂点君臨へ自信をのぞかせていた。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)