福山雅治が、2月6日に「道標2021」を主要配信サイトでデジタルリリースすることが1月13日、わかった。

 昨年の大晦日に放送された「第72回NHK紅白歌合戦」に、白組のラストとして登場した福山雅治がパフォーマンスした楽曲「道標 ~紅白2021ver.~」。

 当日番組内で福山は、「みかん畑をやっていた亡くなった祖母のことを歌った歌なんですけれども、ここに立たせて歌わせていただけるのは、僕の両親、祖父母、ご先祖さまから受け継いだ命のリレーのバトンを渡してもらえたから。感謝を込めて、命をつないでくださった皆さんにお届けしたいと思います」と語り、情感溢れるパフォーマンスに対し、SNS上には「涙した」という投稿が相次いだ。

 放送後、音源化を希望する多くのファンからの声を受け、「道標2021」と題し、福山の誕生日にあたる2022年2月6日に、主要配信サイトでデジタルリリースされることが決定した。

 原曲は、2009年にリリースされたシングル「化身」のB面に収録されていた作品だが、13年の時を経て今回新たにレコーディングが行われました。総勢10人のストリングス隊、大編成のコーラス隊、管楽器にはホルンを加え、リズムトラックにも2022年的なアレンジが施された最新のサウンドにアップデート。新時代にフィットしながら、更に深く胸に届くアレンジとなった本作。

「道標2021」ジャケ写

 福山にとって“自身の命が受け継がれた日”である誕生日に、“今を生きることへの感謝”の気持ちを込めて届けられる。

作品情報

福山雅治デジタルリリース

タイトル:「道標2021」
配信日:2022年2月6日(日)

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)