I Don’t Like Mondays. (通称アイドラ) が、2022年1月9日より放送されるTVアニメ「ONE PIECE」(フジテレビ系/日曜9:30~)の新主題歌を担当することが決定した。彼らにとっては初のアニメタイアップとなる。

 そしてアニメ放送時間に先駆けて、同日0:00には主題歌「PAINT」を配信限定リリースすることも発表され、同時にジャケットアートワークも公開となった。安田昂弘氏 (CEKAI) がデザインを手がけた今作のジャケットデザインは、「旗」をモチーフとしたグラフィカルな作品だ。

「PAINT」ジャケ写

 この楽曲はメンバーとプロデューサー間で打ち合わせを行い、彼らの想いとONE PIECE史上最大の盛り上がりタイミングというプロデューサーの想いとを掛け合わせて生まれた。
またYU (Vo.) は学生時代のインターン先で、バカラのグラスとONE PIECEのコラボレーションを苦労して実現させた経験もあり、いつかは大きくなりたいという彼の想いが叶い、アーティストになった今、感慨深い再会を果たした。

 YU (Vo.) はそんな縁のあるONE PIECEへの想いを尾田栄一郎先生へ直筆の手紙も書いたそうだ。

 そうして書き下ろされた「PAINT」は、アニメソング特有の疾走感や高揚感を全面に押し出したサウンドに、YU (Vo.) が作詞した『どんな困難も乗り超えて自身の色で塗りかえる』という力強いメッセージを乗せ、すべての人へ勇気の糧となるよう願いを込めた応援ソングに仕上がっている。

 楽曲リリースに合わせて、ONE PIECEフィギュアが当たる再生&ダウンロードキャンペーンの実施も予定しているとのこと。

YU (Vo.) コメント

気が付けば中学時代から15年以上、大人になった今でも読み続け、そして影響を受け続けているONE PIECE。そんな僕にとって、もはや神格化されている作品の主題歌を歌わせてもらうことは、未だに信じられないというのが今の心境です。正直なお話、当初僕なんかにONE PIECEに見合うような曲が作れるのか・・・と及び腰になっていたのも事実です。
しかし、ONE PIECEにはこれまでも数え切れないほど、逆境に立ち向かうための勇気をもらってきたことを思い出しました。そして、その時もまた "麦わらの一味" に背中を押された気がしたのです。
それから、「絶対創ってやる」という一心で作曲をしていました。そして、出来上がった曲が「PAINT」というものです。「今の自分を超えていく」というメッセージを込めました。
今日のような先の見えずらいご時世だからこそ、ONE PIECEという作品が僕自身に不安や迷いに立ち向かうための勇気を与えてくれたのと同じように、この曲がONE PIECEと共に誰かの背中を押せることできたなら、嬉しい限りです。

SHUKI (Dr.) コメント

まさか僕らがあの「ONE PIECE」の主題歌をやらせて頂く日が来るとは思いませんでした。
作曲にあたり、とにかく大事にしたのはONE PIECEの世界観。子供の頃から読んできた作品への参加は、必然的にそれぞれの思い入れが重なり、メンバー全員が過去一番のハードルを自らに課しながら制作していたように思います。少しでもこの作品に相応しい曲を目指し、幾度も作り直し、完成させていく過程の中でかつてないほどバンドが一体となって作曲に望めた気がします。それはまるで、作中での主人公達が困難を乗り越えていく姿が、ONE PIECEと共に育ってきた僕たちの奥底に自然と反映されているのを再認識するようで、改めて作品の偉大さを実感しました。
海を越えて世界に飛び出していくこの作品の推進力になるようにと、サウンド面は特に疾走感とワクワク感を一番に考え、バンドサウンドの象徴でもあるギター音を主軸に作りました。そこに、帆を進める風のようなイメージで声を加工したボイスサンプルやシンセサイザーを入れたり、セクション毎のリズムアプローチを変化させて冒険の場面展開を表現したりしつつも、長く残る作品として出来る限り時代に左右されないようなサウンドを第一に目指して作りました。
こんな時代からこそ、僕たちがそうだったようにこの作品を観て育つこれからの子供達に、またかつて誰もを奮い立たせてくれたこの作品に触れる今の大人達に、そして何より作中のキャラクター達に届きますように!

■リリース情報(1)
タイトル:美しき世界
配信日:2021年12月1日(水)
タイアップ:NUARL (ヌアール)

■リリース情報(2)
タイトル:PAINT
配信日:2022年1月9日(日)
タイアップ:TVアニメ「ONE PIECE」主題歌

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)