綾野剛主演の月10ドラマ『アバランチ』(カンテレ・フジテレビ系、毎週月曜午後10時)の主題歌が、22日放送の第6話から新たにUVERworldの「EN」となることが決定した。

 本作は、綾野主演の映画「ヤクザと家族 The Family」、映画「新聞記者」などを手掛けた藤井道人がチーフ監督として参加し、主人公・羽生誠一(綾野)を始めとしたアウトロー集団・アバランチ(Avalanche=雪崩)と国家権力を我がものにしようとする巨悪との戦いを描いたエンターテインメント作品。綾野のほか、アバランチメンバーとして警視庁特別犯罪対策企画室・室長の山守美智代役の木村佳乃、山守の部下の警察官・西城英輔役の福士蒼汰、天才ハッカー・牧原大志役の千葉雄大、元自衛官・明石リナ役の高橋メアリージュン、元所轄刑事・打本鉄治役の田中要次が出演する。

ドラマ『アバランチ』場面写真

 15日放送の第5話では、アバランチ誕生の秘密を描いた“エピソードゼロ”が描かれると共に、内閣官房副長官・大山健吾(渡部篤郎)の壮大な野望が明らかになったところで、第1部が完結。これまで政財界の支援者を次々と失脚させられてきた大山によるアバランチへの反撃が予告される中、物語は22日(月)放送の第6話から第2部に突入。アバランチと大山、互いの正義が衝突する壮絶な戦いが描かれていく。

 この“戦争編”と呼べる第2部に向けて、新たな主題歌に決定したこの「EN」は、これまでUVERworldのライブのみで披露されてきたものの、いまだ音源化されていなかった楽曲。8月放送の『ミュージックステーション』で急きょ生披露した際は、その強いメッセージ性と圧巻のパフェ―マンスが大きな話題を呼んだ。“Creating new world”という言葉をテーマに書き下ろされた第5話までの主題歌「Avalanche」から、“I’m gonna go”“行こう”と未来に向けた力強い前進を宣言する「EN」へ。自らの正義を胸に戦いを挑むアバランチメンバーの背中を押し、そして第2部に突入し、さらにボルテージを上げていくドラマと共に視聴者の感情を高ぶらせていく主題歌となっている。

 なお、UVERworldは、12月22日に11枚目となるオリジナルフルアルバムのリリースすることを発表しており、「EN」はこのアルバムに収録予定となっている。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)