“スナックの女王”ことシンガーのKANAが17日、両A面シングル「誰より愛しいひと/OSAKA~夕暮れて~」を発売。コロナ禍以前は、自らスナックや夜の世界に歌を届ける活動を行い、全国のママからもその“姉御”キャラクターで親しまれてきたが、ディスタンスを求められたこの2年は、対面を必要とする彼女持ち味のダイレクトコミュ二ケーションを行うことが出来なかった。緊急事態宣言が解除され少しづつ日常が戻り始めてきた中、約2年ぶりとなるコンサート開催への意気込みと、新曲への思いを聞いた。

――今回発売される新曲は両A面ということですが、まず「誰より愛しい人」はどのような曲ですか?

 この曲は2015年にリリースした楽曲、「永遠の月」の主人公のその後を描いたものですと同詞を手掛けられた作詞家の冬弓ちひろさんから伺いました。愛する人を失った喪失感や絶望から少しづつ立ち直り、また人を愛する事に対して前向きになれた主人公の今を描いています。『誰より愛しい人』それは今現在の思いでもある一方、過去の思いも重ねたものでありただ単に前向きなラブソングという事ではなく色々な経験をしてきた主人公だからこその儚く深い意味を持ったラブソングなのです。

――もう一曲の「OSAKA〜夕暮れて〜」は、大阪を舞台にした曲です。

 こちらの楽曲はどこか懐かしい昭和歌謡曲の要素を含んでおり、覚えやすくメロディアスなアレンジになっています。大阪に住む男性との恋物語を描いた作品で、若さゆえか、前だけをまっすぐ見てきた2人には同じ夢を共に見続ける事は叶わなかった。その主人公が、久しぶりに訪れた大阪の街を歩きながら、どこか切なくも甘酸っぱい、セピア色のあの頃に思いを馳せる女性の心情を描いています。

――関東出身のKANAさんが大阪を舞台にした歌を歌っていますね。

 日頃から関西出身に、よく間違えられます(笑)。だからというわけではなく、大阪は昔から大好きな街で事あるごとに訪れては、地元の方々と交流を深めてきました。今回、そんな大阪を舞台にした歌を歌える事が本当に嬉しいです。また、大阪の応援団の皆様に少しでもご恩返し出来ればという思いで歌っています。

――さて、昨年からのコロナ禍で、思うような活動が出来なかったと思いますが、何かご自身が取り組んだことはございますか?

 やはり、他の歌い手の皆様と同じように、「生がダメならばオンラインやリモートで!」という事で、無観客ライブを行ったり自身のYouTubeチャンネルでバンドの皆さんとのリモートライブを行ったりと、コロナ前では考えられなかった方法で、少しでも待っていてくださる皆さまに届くよう配信などを行なっていました。プライベートでは、今まで見て見ぬふりをしてきたクローゼットや衣装の整理、断捨離に時間を費やしました(笑)

――KANAさんは『スナックの女王』という愛称でお馴染みですが、カラオケで歌う時のポイントはございますか?

今回の曲に限らず、私の楽曲はあまり歌い込みすぎてしまうと曲の繊細さや壮大さが半減してしまう気がいたします。決して難しいことではありません。鼻歌を、口ずさむ感覚で歌って頂けるのが一番しっくりくると思います。曲の中でご自身が一番聞かせたい部分を絞り、そこに向かうまでのストーリーをどう組み立てていくか?人それぞれ違うかと思いますが、是非自分なりのポイントを大事にしてください。

――エンターテインメントを取り巻く環境が大きく変化した2年間でした。歌い手の皆さんにとっても予想だに出来なかった時期を経て心境の変化もあったかと思います。これから、どのような思いで歌っていきますか?

確かにこのコロナ禍で色々と思う事は沢山ありましたが、昔も今も変わらず私が一番大事にしている事は、座右の銘でもある「生まれ変わるなら生きているうちに」という事です。決して驕らず、自分がやりたいと思った事、興味のある事に対して、いつまでも素直な心でいたいと常日頃から思っています。「今、この瞬間を大切に!」と、歌うことだけに限らず、懐深い人間でいれるように心がけていきたいと思います。

――11月21日には、2年ぶりとなるコンサートが仙台で行われます。

 約2年ぶりとなるバンドでのライブです。これまで予定してきた全公演が延期となり、私だけでなく、待っていてくださるファンの皆様も、今か今かとライブの開催を待ち望んでおりました。(ライブが出来ない)この自粛期間によって、自分がどれだけ音楽や周りの方々に支えられ、ステージに立っていたのかという事を強く実感いたしました。今回、仙台の後援会の皆様が発起人となってライブ開催を導いてくださった事に心から感謝し、応援してくださるファンの皆様はもちろん、関係者の皆様が、このライブを開催してよかったと心から思って頂けるよう、精一杯の愛で歌わせて頂きたいと思います。

――それでは最後に、ファンの皆さまへメッセージをお願いいたします。

 皆さまが、少しでも前を向くきっかけの一部になれたら、こんな嬉しい事はありません。KANAの歌を聞いて頂き、是非心の潤いとパワーを感じて頂けたら本望です。

作品情報

「誰より愛しいひと/OSAKA~夕暮れて~」ジャケ写

KANAのボーカルが心をうつ珠玉のバラード両A面シングルで発売
KANA「誰より愛しいひと/OSAKA~夕暮れて~」
2021年11月17日発売
誰より愛しいひと/OSAKA~夕暮れて~(詞:冬弓ちひろ、曲:小林宏和、編:佐藤和豊)
SCD:TECA-21058 
定価:1,350円(税抜価格1,227円)

●『誰より愛しいひと / OSAKA~夕暮れて~』発売記念

「OSAKA~カラオケワンポイントアドバイス会~」イベント招待 & プレゼントキャンペーン

KANAの新曲『誰より愛しいひと / OSAKA~夕暮れて~』をキャンペーン対象店舗にてお買い上げいただいた方先着で "応募はがき" をお渡し致します。抽選でプレミアムイベントにご招待。または素敵な賞品をプレゼント致します。

詳しくはこちら
https://www.teichiku.co.jp/teichiku/artist/kana/

ライブ情報

KANA Premium Concert in 仙台
日程/2021年11月21日(日)
会場/仙台GIGS(宮城県仙台市若林区荒井東1-4-1)

時間/開場 14:30 / 開演 15:00
料金 5,000円(全席自由・税込)
お問い合わせ
株式会社プリプロダクションKANA後援会事務局 03-5790-9223(担当:生草)

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)