神はサイコロを振らないが24日、キタニタツヤをゲストに迎え制作されたコラボ曲「愛のけだもの」のリリックビデオを公開した。

 シンガーソングライターで、ヨルシカのサポートベース、別名義でのボカロPとしての活動など、ジャンル・シーンを越境して活躍するキタニタツヤをコラボアーティストに迎え、自身第二弾となるコラボレーション楽曲「愛のけだもの」を制作し、先週、同楽曲をデジタルリリースした、神はサイコロを振らない。リリース日にはキタニタツヤをゲストに迎え、YouTube生配信をおこない、コラボのきっかけや、制作過程、レコーディング秘話などを語り、話題を集めている。

 各配信サイトでは、配信直後に、iTunesロックソングチャートで7位となり、LINE MUSIC邦楽Rockチャートでは2位、SpotifyやApple Musicでも人気プレイリストにリストインするなど、勢いは留まらない。

 そんな中「愛のけだもの」のリリックビデオを公開した。このリリックビデオは、夜の街をあてもなく歩くピンクで覆われた謎の生命体が、毎秒表情を変えながら、フリースタイルのダンスを踊り続ける映像となっているが、両アーティストが楽曲や歌詞に込めたメッセージをダンスという手法で具現化している作品である。

 ダンサーとして本作品に参加した若手ダンサーのJUMPEI氏は、世界最高峰のダンスバトルで優勝するなど、世界を舞台に活躍してきた。

Video Director : 北平誠治
Video Producer : 山本大介
Dancer : JUMPEI
Chorus Choreographer : 六車和也(fromFunX)

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)