清木場俊介が20日、山口県・KDDI 維新ホールで『KIYOKIBA SHUNSUKE 20TH ANNIVERSARY LIVE “BIRTH”』を開催した。2020年9月27日に20周年目を迎え、21年目を目前に約1年8ヶ月振りの有観客ライブとなり、20年のキャリアを彩るロックからバラードまで様々な楽曲と新曲1曲を含む全20曲を披露した。

 清木場の登場に大きな拍手が巻き起こる中、期待と不安を織り交ぜながらも意気軒昂にステージ中央まで歩き、王道のロックナンバー「JIM ROCK」でライブがスタート。

 中盤では、地元山口県で開催ともあり自身の母親に捧げた楽曲の「母ちゃんの幸せじゃけぇ」、「ありがとう」の2曲をつづけて披露した。

清木場俊介

 清木場は20周年を迎え、20年ずっと続けてきたのが“唄”だけと語り、「唄によって生かされている」と唄えることの喜びを噛み締めていた。「今は41歳で、40歳になっても唄っているかなと思っていたけど、次は50歳を目指してこれからも唄っていけたらいいなと思っております」と心境をファンへと伝えた。

 そして、この公演中に2021年12月19日(日)に山口県・KDDI 維新ホールでライブを開催することを発表。タイトルは、『KIYOKIBA SHUNSUKE 20TH ANNIVERSARY LIVE “BIRTH” 〜ROAD TO BUDOKAN〜』。

清木場俊介

 音楽が楽しいと再確認ができたライブとなり、これからもまだまだ走り続ける清木場俊介から目が離せない。

セットリスト

1,JIM ROCK
2,TO LIVE OR DIE
3,again
4,SIGN of IMPACT
5,FREE MAN
6,Sunrise
7,Shining
8,風のように
9,キミが望むモノとボクが欲しいモノ
10,新曲:タイトル未定
11,ELEGY
12,悲しいコトがあれば
13,母ちゃんの幸せじゃけぇ
14,ありがとう
15,人間じゃろうが!
16,ONE
17,さよなら愛しい人よ…
18,唄い人

ENCORE

19,JET
20,Truth

ライブ情報

■■KIYOKIBA SHUNSUKE 20TH ANNIVERSARY LIVE “BIRTH 〜ROAD TO BUDOKAN〜”
■開催日
2021年12月19日(日) 開場 17:00 / 開演 18:00
■会場
山口県・KDDI 維新ホール
■“BIRTH”特設サイト
https://kiyokiba.net/pages/20th_birth

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)