世界的ギタリストのMIYAVIが、13thオリジナル・フルアルバム『Imaginary』発売。自身40歳の誕生日となる9月14日に合わせてリリースされたアルバム。「New Gravity」MVを15日公開した。

【動画】公開された「New Gravity」のミュージックビデオ

 先日アルバム『Imaginary』の全貌公開し、リード曲「New Gravity」が先行配信され、このジャケット写真のスキンヘッドになっているビジュアルが話題となり、今まで見たことのないMIYAVIの姿にSNSは早くもざわめいている。さらに先行配信第二弾となる「Imaginary (feat. Kimbra)」も配信され、ニュージーランドのシンガーソングライターKimbra(キンブラ)とのコラボでも注目を集めている。

 「まさか、MIYAVIがスキンヘッドに!」と話題騒然の中、MIYAVIがスキンヘッド姿で登場した「New Gravity」MVを公開。MVはPERIMETRON(ペリメトロン)が制作。今回のMVはアルバムアートワークにも共通する「反転」というキーワードを軸に、抑圧から解放へと至る経過を描いている。制作背景には、加速的に価値観がシフトしていく社会があり、その中での在り方、希望を示すことをテーマにしている。

 デジタルと実写が混ざり合う世界でMIYAVIが「架空を吐き出す」場面に注目。また、MVの中では、テーマを描くためのファクターとして数時間をかけたスキンヘッドの特殊メイクにも挑戦している。

 MIYAVIは昨年4月にアルバム『Holy Nights』を全世界同時リリース。「どんな状況でも音楽を止めない」と宣言し、新しい試みとしてバーチャルプロジェクト“MIYAVI Virtual”を始動。自宅スタジオ、ドローンを使っての無人撮影、チームラボでの演奏、VRプラットフォーム、そして年末にはAmazon Musicとタッグを組み、最先端のXR技術を駆使して全世界に向けて配信するなど、コロナ禍においても次々と画期的な試みを展開。さらに活動は音楽のみに限らず、俳優としてNetflix “KATE”に出演、配信当日には世界中で人気コンテンツ1位に躍り出た。ファッション業界では、グッチ創設以降約100年の歴史で日本人のアーティストとして初となるキャンペーンモデルとして「Gucci Off The Grid Collection」広告キャンペーンに起用。Amazon Primeの注目コンテンツ “The Masked Singer(ザ・マスクド・シンガー)”にもレギュラーでパネリストとして出演。全世界で注目を集めている。

MIYAVI コメント

最高にぶっ飛んだ映像が届きました。

現代社会の中で、知らず知らずのうちに自分たちで作り出したルールや固定概念= GRAVITY(重力)から解放する。

俺たちはまだまだ飛べる。

一緒にぶっ飛んでもらえれば嬉しいです。

Kang Daniel(カン・ダニエル)コメント

『Hush Hush』でMIYAVIさんとご一緒できて光栄です。声なき人たちを代弁するこの楽曲に携わるのは自分にとってもとても意義深いことでした。MIYAVIさんはギタリストとしても超一流ですし、明確なビジョンを持ったアーティストだと思います。彼と楽曲を作るのはとても新しい体験で、刺激的でしたし、本当に夢が一つ叶いました。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)