8月25日にデビュー47周年を迎えた日本を代表する3人組のバンドTHE ALFEEが、9月6日夜8時からニッポン放送で、オールナイトニッポン名義としては、7年ぶりとなるラジオ特番の放送が決定した。特別番組「THE ALFEEのオールナイトニッポンPremium」では、3人が久しぶりの生放送でコロナ禍で考えていることや、今後に向けて考えている音楽活動についてなど語っていく。

 今年デビュー47周年を迎えてなお精力的に活動を続けるTHE ALFEE。通算70枚目となる最新シングル「The 2nd Life -第二の選択-」が「オリコン週間シングルランキング」で初登場4位にランクインし、16枚目のシングル「メ リーアン」(1983年6月発売)から、シングル55作連続TOP10入りを記録するなど、第一線での活躍を続けている。

 その一方で新型コロナウイルスの影響で恒例のツアーが延期となっており、有観客でのコンサートが出来ていない など、大きな影響も受けている。そうした中で7年ぶりの放送となるオールナイトニッポンのラジオ特番の放送が決定した。

 THE ALFEEとニッポン放送、オールナイトニッポンとの関係は長く、1980年から坂崎幸之助のオールナイトニッポン がスタートし、1984年4月からは『アルフィーのオールナイトニッポン』が放送されていた。ニッポン放送の開局30周年となる1984年には、ステーションキャンペーンのイメージキャラクターをTHE ALFEEが担当したほか、記念ジングルの制作も行った。その後もレギュラー番組や特番を通じて、ニッポン放送には度々登場してきた3人。

 今回の特番では、バンドとして直面したコロナ禍における心境や今後の音楽活動について語っていくほか、コロナ禍でのリスナーの近況もメールで募集し、話を伺っていく予定だ。リスナーからは『コロナ禍でこんなに変わりました! 気づきました!』と題したメールを募集。生放送でリスナーと生電話をつなぎ、コロナ禍で様々な状況にあるリスナー や医療従事者など、ラジオを通じて力強いメッセージを発信していく予定になっている。THE ALFEEの3人も生放送 でのリスナーとのやりとりを楽しみにしているとのことだ。

 THE ALFEEが1時間50分にわたって生放送でお送りする、ニッポン放送「THE ALFEEのオールナイトニッポン Premium」は、9月6日(月)午後8時から放送される。ラジオは首都圏エリアからは、AM1242/FM93、スマホ やパソコンからはradikoを通じて聴くことができる。首都圏以外のエリアの方は、radikoのエリアフリー機能(有料 サービス)を使えば、聴くことができる。

THE ALFEE高見沢俊彦コメント

僕らとって、オールナイトニッポンはラジオ番組のルーツです。
そこにTHE ALFEEデビュー47周年の夏、特番で復帰します! 中々収束のめどが立たないコロナ禍の中、コンサートツアーもまま ならない昨今ですが、来るべきデビュー50周年に向けて、明日の 希望が見えるような放送にしたいと思います!

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)