8月5日からデジタル配信がスタートしたUruのニューシングル「Love Song」ミュージックビデオがUruのオフィシャルYouTubeチャンネルで一部公開された。また、MVの公開にあわせて新しいアーティスト写真も公開された。デビュー以来トレードマークだったロングヘアーをバッサリとカットし楽曲とともにこれまでのイメージを塗り替える、爽やかかつビューティーな写真に仕上がっている。

【動画】5日21時にプレミア公開される「Love Song」のミュージックビデオフルサイズ

 「Love Song」は、Uruにとって通算11枚目となるシングルで、作詞・作曲をUru、編曲をトオミヨウが手掛け、ドラマ「推しの王子様」のために書き下ろした楽曲。徐々に積もっていく恋心と大切な人とのかけがえのない時間を描いた、ラブソングでありながら毎日を懸命に生きる人への応援歌としても聞こえる、これまでのUruの切ない楽曲のイメージを一新する新境地の一曲。

 楽曲に関してUruは『夢を追い一生懸命に過ごしてきた日々の中で、見失ってしまいそうになるものを気付かせてくれた人との出会い、仲間の存在、周りにいる大切な人への想いを、歌にして閉じ込めたつもりです。“心の中に想う人がいる”ということに、なかなか素直になれずにいる方にも響いてくれたらいいなと思います。』とコメントしている。

 今回公開されたミュージックビデオは、Uruの代表曲の1つ「プロローグ」や、昨年末の、「輝く!レコード大賞」でも歌唱した「振り子」のミュージックビデオも手掛けている映像ディレクターの稲垣理美が担当。

 夢のために絵を描き続けている画家を目指す彼女と、まっすぐに夢を追う彼女の支えになりたい彼が織りなす物語で、何でもないような事が本当は一番かけがいのない特別な時間だということや、大切なものはすぐそこにあることを描いた心温まる映像になっている。

 5日21:00にUruのオフィシャルYouTubeチャンネルでフルサイズがプレミア公開される。

 『推しの王子様』は、比嘉愛未が主人公の日高泉美役を務め、相手役の五十嵐航を渡邊圭祐が務めるフジテレビ系毎週木曜22時放送の連続ドラマで、物語は、日高泉美(比嘉愛未)が五十嵐航(渡邊圭祐)を理想の男性に育てるため奮闘する“逆マイ・フェア・レディ”な日々を、まばゆいほどの胸キュンとともに描いていくもの。本日22時より第4話がオンエアとなる。

 主演を務める比嘉愛未は、主題歌に関して『初めてUruさんの「Love Song」を聴かせて頂いた時、なんてまっすぐで優しい曲なんだろうと心が温まるのを感じました。劇中でもよく出てくる台詞「好きなものは人生を輝かせてくれる」とてもシンプルだけど、きっとずっと大切なこと。人でも物でも出逢えて良かった!と思える存在がいる事が生き甲斐に繋がるのだと。いつも寄り添い励ましてくれるこの曲に出逢えた事、感謝と幸せな気持ちでいっぱいです。』とコメントを寄せた。

 8月25日にパッケージリリースされる「Love Song」は、「Love Song」に加えてカップリングにはUruが作詞・作曲、AmPmがプロデュースを手掛けた、終わりを迎える恋愛模様を描いたの浮遊感のあるダンストラック「I don’t suit you (Produced by AmPm)」と、2021年を代表するヒットソングの1曲「勿忘」(Awesome City Club)のカバーと、今年2月にリリースした最新シングル「ファーストラヴ」のギターアレンジによるセルフカバーを収録した様々な恋愛を描いた楽曲が並んだシングルとなっている。

 また、MVの公開にあわせて新しいアーティスト写真も公開された。アートディレクションを宮師雄一、カメラマンを皆川 聡が手掛けたもので、デビュー以来トレードマークだったロングヘアーをバッサリとカットし楽曲とともにこれまでのイメージを塗り替える、爽やかかつビューティーな写真に仕上がっている。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)