“歌怪獣”こと演歌歌手の島津亜矢が17日、TBS系音楽特番『音楽の日2021』に出演し、今年話題となっているAdoの「うっせぇわ」をポップスピアニストのハラミちゃんと共演し、圧巻のパフォーマンスが大きな反響となったが、番組後半のディズニーメドレーにも再び登場し、ディズニー映画「ライオンキング」の『Circle of Life』を歌唱した。

 『Circle of Life』で“歌怪獣”の真骨頂ともいうべき持ち前の歌唱力と表現力で熱唱し、「鳥肌もの!」「大迫力!」「圧巻!」と、ネット上に多数の絶賛コメントが寄せられ大きな反響となった。

 演歌歌手でありながらポップスの『うっせぇわ』と、英語詞の洋楽曲である『Circle of Life』という、ジャンルや国境をも超越した歌声に、「どんな歌でも着物で歌うのがカッコいい!」「演歌歌手の方が英語詞で洋楽を歌うの素敵!」「着物でライオンキング歌うのは後にも先に島津亜矢さんしかいないでしょう」と、演歌の象徴である着物姿で歌う絶品カバーに、多くの感動の声が寄せられた。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)