郷ひろみとJO1が、14日放送中のフジテレビ系音楽特番『2021FNS歌謡祭 夏』に登場した。「2億4千万の瞳 -エキゾチック・ジャパン-」をパフォーマンスしネット上で多くの反響を集めた。

 50周年イヤーに突入した郷ひろみとグローバルボーイズのJO1のコラボレーションのステージ披露を前に、番組内では郷、與那城奨、川尻蓮、河野純喜によるスペシャルインタビューが映し出された。

 収録を終えた心境として郷は、「とにかく鮮度が高い」「本当に心から楽しめることができた」という印象を語った。

 與那城は郷に対し「優しいオーラをまとっていて、こうやってコラボできるのすごく嬉しいなって思いました」と、尊敬の念と喜びが混じったような満面の笑顔を見せる。

 河野は「とにかく早くお母さんに自慢したい」と、郷とのコラボに対しての喜びを述べた。

 川尻は、「JO1のグループの挨拶『Go to the top JO1です』を、今回は郷の曲の『ジャパン』のJとかけましてサビの中にこの振り付け(「J」の文字の手の形)を振付師さんが盛り込んでくださって」と、コラボならではのポイントを紹介。

 パフォーマンスでは、郷とJO1は全員主役級のアクションで華々しくキレキレのダンスでトップギアスタートを見せた。

 不朽の名曲「2億4千万の瞳 -エキゾチック・ジャパン-」の旋律と鼓動と同期した“Go1”(郷ひろみ×JO1)は、輝かしい表情を次々と見せ、郷から始まる“ジャケットダンス”を鮮やかに決める。

 サビでのJO1の躍動感溢れるシンクロダンス、各メンバーの最高の表情をバッチリとらえるカメラワーク、パワフルな郷の歌唱と、正に<生命のときめき>そのものと感じられるステージは終始ゴージャスに煌めいていた。

 郷の歌唱、JO1の“世界基準”の歌唱、ダンス、表情が熱く絡み合ったステージングと、貫禄とフレッシュさが見事に混じり合い、日本を代表するスーパースターの郷、“無限大“のポテンシャルを持つJO1のスペシャル初共演は無双とも言えよう圧巻のエネルギーを放っていた。

 Twitterでは「#郷ひろみ_JO1」がトレンド上位に上がり「郷さんもJO1もかっこよすぎて体感秒だった!」「歴史に残る伝説のステージ」「これはもう2億4千万人に見つかったわ絶対」「揃いすぎて一生見てられるGO1最高」など、反響を集めた。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)