星野源が、3日生放送中の日本テレビ系 夏の音楽の祭典『THE MUSIC DAY』に出演し、6月23日にリリースされたシングル「不思議/創造」より「不思議」を歌唱した。

 歌唱前に司会を務める櫻井翔から「止まらないことは?」という質問に星野はお笑いコンビ・バナナマンの設楽統から教えてもらったという芋けんぴが止まらない、とほっこりとした回答。

 先月リリースされたTBS系火曜ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌の「不思議」について、星野は「ラブってなんだろう、というところから始まってしまって、自分にとっての愛とか恋とか、育ってきた環境も違うのにこんなにも一緒にいたいんだろう、という感覚がすごく不思議なものだなと思って出来た曲です」と、ラブソングに真正面から向き合った「不思議」の制作経緯を話した。

 その「不思議」を『THE MUSIC DAY』ステージで披露。

 星に囲まれているような幻想的な空間。天井から降り注ぐ青い光は、歌詞に表現されている水を連想させる。そして、洗練された大人なサウンドとアレンジは、星野の歌をより際立たせていた。生バンドでの演奏ということもあり、音源とはまた違った一面を覗かせる。

 星野の歌声はAメロからサビまでのダイナミクスコントロールが秀逸。時折見せる色気のあるファルセットなど、さりげなく歌詞をより良く伝えるためのテクニックも光っていた。

 ネット上では「素敵な曲が、さらに素敵に聴こえた」、「胸がいっぱいになった」、「テレビ画面に釘付けでした」など、多くの反響を集めていた。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)