[写真]乃木坂46松村沙友理が不倫騒動後初テレビ

不倫騒動後初のテレビに出演した乃木坂46松村沙友理

 不倫疑惑が報じられた乃木坂46の松村沙友理(22)が17日、テレビ朝日系『ミュージックステーション』に報道後初めてテレビに生出演した。カメラに写り込む機会は何度かあったか、他のメンバーがカメラに向けて笑顔で手を振っているのに対して、硬い表情をみせ“心ここにあらず”の状態だった。

 階段を降りるオープニングの登場シーンでは、カメラ目線でアピールする他のメンバーとは対照的に一点を見つめたまま黙々と歩く松村の姿。「何度目の青空か?」歌唱中には、松村1人がカメラのフレームに正面で収まる場面もあったがここでも表情は変えなず。むしろどこか悲しげであった。

 この表情はネット上でも話題を集め、大手掲示板などでは「目が死んでいる」や「よく出てこられるな」などの声が上がっている。なかには痛々しいその姿に「可哀想。もう許そう」と同情の言葉も寄せられている。

 松村は、8日発売の週刊誌「週刊文春」で出版社勤務30代男性との不倫交際が報じられた。同日夜に生出演した文化放送「レコメン!」では、涙を堪えながら「私の軽率な行動でご迷惑をおかけした事をお詫び致します」と謝罪。男性とは友達で、男女関係にはないと“不倫交際”を否定。出演する予定だったイベントを欠席していた。

この記事の写真
[写真]乃木坂46松村沙友理が不倫騒動後初テレビ

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)