Hey! Say! JUMPが、14日放送のテレビ朝日系音楽番組『MUSIC STATION』に登場。12日にリリースした最新曲「ネガティブファイター」を披露すると、ネット上で大きな反響を集めた。

 同曲は、メンバーの有岡大貴が主演を務めるドラマ『探偵☆星鴨』の主題歌。「ネガティブだっていいじゃない、泣き虫人生大いに結構。ありのままで飛び跳ねて、みんなで歌おう!」というメッセージが詰め込まれた楽曲だ。

 パフォーマンス前には、有岡が「マッスルダンスに注目の最新曲をテレビ初披露します!」とアピールし、メンバー全員でわちゃわちゃと戯れるシーンも。

 ピンクを基調とした衣装に身を包んだ8人は、曲の序盤からマッスルポーズを決め、楽しそうな雰囲気。ポップな曲調に合わせた可愛らしい振り付けも、メンバーの魅力を引き立てる。曲中も盛り上げの声を入れるなど、グループの仲の良さが伝わってくるステージだった。ファンからは、「可愛すぎた!」「今日も最高でした」と反響が上がった。

 また披露後のトークで、「印象的な過去の衣装」を聞かれた山田涼介は、2010年にリリースした「Romeo & Juliet」を挙げた。同曲は全身白のつなぎで手袋をつけたパフォーマンスが印象的な楽曲だ。「思春期だったので、着るのに抵抗がありました」と明かした山田。SNS上では、「懐かしい!確かに衝撃だった」「また着てください!」との声が上がっていた。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)