シンガーのYUKIが、30日放送のテレビ朝日系音楽番組『ミュージックステーション』に4年ぶりに登場。新曲「Baby it’s you」をTV初披露し反響を集めた。

 YUKIは4月28日に、前作『forme』以来2年ぶりとなる通算10枚目となるニューアルバム『Terminal』(読み:ターミナル)をリリース。この日披露された「Baby it’s you」は3月24日に両A面シングル『Baby it’s you/My lovely ghost』として先行リリースされた。

 番組の司会を務めるタモリに「4年ぶりですよね。その間に変わったことはありますか」と聞かれると、YUKIは土いじりにハマっていて、ミニトマトやハーブを育てていることを明かした。

 今回披露した楽曲は強く明るく生きていきたいという思いから、笑顔の大切さを歌ったという「Baby it’s you」をTV初披露。ギター、ベース、ドラム、キーボードという通常のバンド編成に加え、ストリングスカルテット、ホーンセクションを従えてのパフォーマンス。ゆったりとしたグルーヴの中を繊細さ、強さ、温もりを感じさせる歌声、韻の踏み方やワードセンスが光る歌詞が印象的だった。

 歌唱後にYUKIは「楽しかったです。タモリさん久しぶり(に会えて)嬉しかったです」と笑顔をみせ、エンディングでは“指ハート"も。

 このハートウォーミングな歌唱にネット上では「見た目も全然変わらなく可愛いし歌もやっぱ上手すぎる。ずっと現役でカッコいい」、「これが本物の歌姫」、「パワーあり過ぎて気付いたら泣いてた」、「心が救われる」など大きな反響を集めた。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)