EXILE/EXILE THE SECONDの橘ケンチが、日本酒界をリードする先鋭酒蔵である福岡県の白糸酒造及び奈良県の油長酒造という2酒造会社と、それぞれ2021年度のコラボ日本酒造りを行うことが発表された。4月30日に公開されたLDH JAPAN運営による公式ファンクラブEXILE TRIBE FAMILYデジタル会報VOL.72の個人ページにおいて、白糸酒造における今季の造りの様子が掲載されている。

 パフォーマーとしてはもちろん、日本酒をライフワークとしながらここ数年様々な活動を通して造詣を深めてきた。「現代の日本酒の味わい深さを始め、日本各地の文化の拠点となっている酒蔵さんの魅力を多くの方に知っていただきたい」との日本酒シーンの代弁者たらんことを期す変わらぬ覚悟を持って、多くの実力派酒蔵や日本酒の現在を紡ぎ続けるキーパーソンとの対話を積み重ねてきた。「酒や文化の持つ底力が今こそ多くの人の心に灯をともすはず」と、いまだ収束の見えないコロナ禍の中でさらにその想いを強くしている。

 そんな日本酒に関する活動の中で公私を隔てず交流を継続してきた酒造会社のひとつが、今回『EXILE TRIBE FAMILYデジタル会報』で紹介された白糸酒造だ。誌面では2020-2021期のコラボ日本酒造りの一部が公開されており、これをもって白糸酒造×<橘>の3シーズン目がスタート。普段なかなか目にすることのできない蔵内部の環境に加えて、本人の作業の様子が紹介されている他、それぞれのシーンを橘ケンチが自らの言葉でわかりやすく解説。EXILEを始めとするエンタテインメント好きはもとより、日本酒フリークスも興味をそそられる内容となっている。

橘ケンチ(EXILE)白糸酒造造り時

 また、同じく『EXILE TRIBE FAMILYデジタル会報』記事内ではさらにもう1蔵、油長酒造との新たな取組が控えていることが橘ケンチ本人の口から明かされている。油長酒造は独自の哲学で進化、近年は『風の森』という先進的な人気銘柄を世に送り出す奈良県の気鋭蔵。昨年から米作りを通じて日本酒界に一石を投じるチャレンジを始めており、橘ケンチ自身も第一次産業と向き合うべく活動してきた中で「油長酒造さんの持つ熱い想いに感銘を受けて仲間に加えていただくことになりました」(橘ケンチ)と今回のコラボレーションが生まれた経緯を語っている。

橘ケンチ(EXILE)油長酒造訪問時

 日本酒ボトルのリリースを筆頭に日本酒マンガ連載『あらばしり』の企画原案、さらにはLDH JAPAN公式YouTubeチャンネル内番組『EXILE橘ケンチのSAKE JAPAN』を開設するなど、今年度も日本酒に関する面白いニュースを矢継ぎ早に届けてくれそうな気配が漂うだけに、引き続き橘ケンチ(EXILE/EXILE THE SECOND)の動向に注目したいところだ。

橘ケンチ(EXILE/EXILE THE SECOND)コメント

 おかげさまでこの度3シーズン目となる福岡県・白糸酒造さんとのコラボがスタートしました。今回はいろいろとトライしてみたいことがあり、その試みができ上りに反映できるかはまだなんとも言いきれないのですが、まちがいなく美味しく、かつ楽しんでいただけるものになると確信しています。さらに、今年度は奈良県の気鋭の実力蔵であり、『風の森』という人気銘柄を擁する油長酒造さんとも初めてご一緒させていただけることとなりました。油長酒造さんは独自の哲学で進化されており、近年先進的なお酒を出されてきた酒造会社さんです。

 そんな油長酒造さんが、昨年から米作りを通じて日本酒業界に一石を投じる新たなチャレンジを始められました。ここ数年、僕自身も第一次産業に惹かれてきた中で、その取組に感銘を受けて仲間に加えていただくことになりました。まだリリース日など詳細は決まっていませんが、これまでとまた違った面白い動きを表現できたらと思っていますので、白糸酒造さん油長酒造さんいずれの〈橘〉印の日本酒も、ともに今からご期待いただけたらと思っています。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)