米津玄師が、2020年8月5日にリリースした5thアルバム「STRAY SHEEP」が、現地時間3月10日に発表された、2020年の年間グローバルランキング「IFPI Global Album All Format Chart 2020」で、日本人アーティスト最高位となる7位を記録したことがわかった。

 「IFPI Global Album All Format Chart」は、国際レコード業界団体IFPI(国際レコード産業連盟)が発表している全世界におけるアルバムセールスチャートとなっており、CDパッケージだけでなく、デジタルダウンロードおよびストリーミングサービスのセールスを加味して選出されるチャートとなっている。

 今回発表された「IFPI Global Album All Format Chart 2020」では、BTSやThe Weeknd、Billie Eilishをはじめとする、全世界のそうそうたるトップアーティストと共に、米津玄師「STRAY SHEEP」が7位にランクイン。日本だけでなく世界中で米津玄師が広がっていることを証明する結果となった。

「STRAY SHEEP」ジャケ写

 米津玄師は全世界での展開として、2020年8月にユーザー数3億5,000万人を誇るゲーム「FORTNITE」におけるバーチャルライブを開催し、ユニクロのUTコラボTシャツを全世界に向けて販売。また、「ジバンシィ(GIVENCHY)」21SS新作コレクションのルックブックへ各国の著名人と共に参加するなど、活動の幅を多岐に広げ、『Forbes』が選ぶ「アジアのデジタルスター100」に選出された。

 「STRAY SHEEP」は現在までに200万セールスを突破。日本の2020年度年間ランキングにおいても、オリコン年間アルバムランキングおよびBillboard JAPAN年間ランキングでのアルバム3部門制覇など31冠を獲得している。

■「IFPI Global Album All Format Chart 2020」 Top 10

1.BTSーMap Of The Soul: 7
2.The WeekndーAfter Hours
3.Billie EilishーWhen We All Fall Asleep, Where Do We Go?
4.BTSーBe (Deluxe Edition)
5.Harry StylesーFine Line
6.Post MaloneーHollywood’s Bleeding
7.Kenshi YonezuーSTRAY SHEEP
8.Justin BieberーChanges
9.Taylor SwiftーFolklore
10.Dua LipaーFuture Nostalgia

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)