EXILEや三代目J SOUL BROTHERSらが所属するグローバルエンタテインメント企業の株式会社LDH JAPANと、韓国の文化コンテンツ専門投資ベンチャーキャピタルのTGCKパートナーズが手を組み、エンタテインメント分野のコンテンツIPの拡張および多角化や、日本と韓国を含む海外マーケットを視野に入れたコンテンツ競争力の強化に焦点を当て、コンテンツ専門の新会社「HIAN」(読み:ハイアン)を設立した。LDH JAPANはHIANを通じたコンテンツビジネスの拡充により、日本・韓国のマーケットをリードしグローバルマーケットに本格的に進出する総合エンタテインメントグループとして飛躍する狙いだ。

 HIANの事業は具体的に、(1)LDH JAPANおよびTGCKパートナーズ両者が共同制作する映画、ドラマ、ミュージカル、アニメ、音楽、ゲーム、漫画、放送映像物等のコンテンツを制作するための提案/企画/開発/配給、(2)韓国および日本のコンテンツIPを活用したニューコンテンツの共同開発、(3)韓国および日本の企業、およびコンテンツIP、そしてアーティストや俳優らのグローバル市場進出、マーケティング協業、等である。

 今回LDH JAPANとタッグを組むTGCKパートナーズは、韓国映画、ミュージカル、コンサート等のカルチャーコンテンツ業界で最も長い経験を持つプロフェッショナルが在籍し、(1)継続的な成功率、(2)映画作品の平均最高興行収入、(3)映画作品の平均最高投資利益率において第一位をとり、2014年に韓国初の外国資本が参画して設立されたベンチャーキャピタル会社である。そのTGCKパートナーズのCEOであるAndy J. Kim氏は、韓国文化事業の投資業界において最長投資キャリアと最高の投資の実力を持つファンドマネージャーであり、約70億円規模の文化コンテンツファンドを運用している。ブルーノ・マーズ、クイーン、リンキン・パーク、スティーヴィー・ワンダー、メタリカなど数々の海外スーパースターの韓国でのライブ活動への投資し、韓国初の公演ファンドを結成、運営しており、「ジキルとハイド」「ラマンチャの男」「三銃士」「ジャック・ザ・リッパー」など韓国のミュージカルコンテンツの導入及び活性化に寄与し、映画コンテンツ業界においては、「オールド・ボーイ」「グエムル-漢江の怪物-」「10人の泥棒たち」「1987、ある闘いの真実」「神と共に」「毒戦 BELIEVER」「82年生まれ、キムジヨン」「ザ・コール」「白頭山大噴火」など多数の有名作品をプロデュースし韓国国内屈指のマーケットリーダーとなっている。

 HIANの今後の具体的な取り組みとしては、韓国で680万人以上を動員した大ヒット映画「犯罪都市」(原題:The Outlaws)の続編で現在韓国にて制作中(2022年日韓同時公開予定)の「犯罪都市2」(原題:The Roundup)の配給を行うことが既に決定。さらに映画「犯罪都市」の主演俳優でありMARVEL映画「ETERNALS」に出演するなど世界で活躍する俳優兼プロデューサーのマ・ドンソク(Don Lee)本人をはじめ、映画「犯罪都市」のオリジナルプロデューサーが共同で参加し、映画「犯罪都市」日本版リメイクの制作を行うことも決定している。

 また、テロ事件に巻き込まれた人気アイドルを救出するために、ライバル同士の国家秘密要員2人が協力しあって立ち向かうアクションコメディ映画「Uncles」も韓国版・日本版制作を検討中で、ヒロインの女優/アイドルを発掘・育成するオーディションの開催も視野に入れている。

 そして、チェコ原作のミュージカルとして日本や韓国でも絶大な人気を誇る「ミュージカル三銃士」も10年ぶりに日本でリメイク予定だ。

 LDHは2017年から新体制となり「LDH JAPAN」をはじめ「LDH USA」、「LDH EUROPE」、「LDH ASIA」と各世界地域に拠点を設けグローバルエンタテインメント企業を目指し活動の幅を着々と世界に広げてきた。2021年は「日本を元気に。そして、日本の元気で、世界を元気に『RISING SUN TO THE WORLD』」を新たなテーマとして掲げ、活動をスタートさせた。日韓エンタテインメント共同事業「HIAN」もアジアマーケットのみならず世界のマーケットを狙いグローバルなスーパーコンテンツを生み出し、世界に元気を届けてくれるだろう。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)