THE ORAL CIGARETTESの山中拓也(Vo.Gt.)が、楽曲制作とプロデュースを行うギルド的コミュニティ”JOGO(ジョーゴ)“を始動し、2月3日に「AWAKENING」という楽曲を配信リリースすることが2日、わかった。

 JOGOとは、山中拓也(THE ORAL CIGARETTES)を中心に、サウンドプロデューサーとして活躍する辻村有記と板井直樹を含む3人で楽曲制作とプロデュースを行うギルド的コミュニティ。楽曲「AWAKENING」は現在「ボイステラス6」のテーマソングとして、ボイステラス6公式YouTubeチャンネルで公開されているティザー映像にショートバージョンが使用されているが、今回配信されるのはそのフルバージョンとなっている。

 「ボイステラス6」はTHE ORAL CIGARETTESの山中拓也とゲームクリエイター・脚本家の山中拓也を中心に立ち上げられた新プロジェクト。二人の山中拓也が、SNS上で起きた同姓同名という偶然をきっかけに交流を開始し、コロナ禍でオンライン上でのやり取りを続ける中で意気投合。ゲーム、アニメ、音楽など、それぞれの強みを生かし、交わることで新たな企画や価値を生み出せないかという会話を続けていく中、このプロジェクトが誕生した。なお、JOGOは「ボイステラス6」全ての音楽監督を務める。

 新プロジェクトへの期待を掻き立てる高揚感のあるサウンドと、新しいものに挑む不安と希望を想像させる楽曲となっている。ラジオオンエアも2日より全国のステーションでスタート。現在、「AWAKENING」を課題曲としたボーカルオーディションを実施中。

 山中拓也は3月2日に初著書/エッセイ本「他がままに生かされて」を発売予定。発表直後にはAmazon書籍ランキング1位を獲得するなど発売前にして話題となっており、THE ORAL CIGARETTESは3月26日にライブ映像作品 “Experimental package「ORALIUM」”のリリースを控えている。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)