シンガーソングライターの吉川晃司(49)が、俳優金山一彦(47)と大渕愛子弁護士(37)の婚姻届の証人になっていたことが各紙の報道で明らかになった。金山から急に、証人を頼み込まれた吉川は「急すぎるよ」としながらも「わかった、家に来い」と快く引き受けたようだ。

 吉川と金山はプライベートで親しい間柄。金山にとっては芸能界入りを果たせた恩人で、当時、同じマンションに住んでいた間柄から金山に俳優の仕事を紹介、デビューのきっかけを作った。その金山に1987年には『Summer Timeを引きずって』で楽曲提供もしている。

 恩人のサインを得て再婚を果たした金山は25日未明に更新したブログで「沢山のお祝いメッセージ有難うございます。2人で力を合わせて頑張っていきますので、これからもどうぞ宜しくお願いします」と結婚に対するコメントを綴った。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)