披露された制作決定アート

 Netflixシリーズ「今際の国のアリス」シーズン3の制作が決定した。W主演の山﨑賢人・土屋太鳳と佐藤信介監督は続投する。発表と合わせてトランプのJOKERカードで「今際の国のアリス」が帰ってくることを表す制作決定アートも披露された。

 原作「今際の国のアリス」は、2010年から2016年まで「週刊少年サンデーS」「週刊少年サンデー」(小学館)にて連載された、麻生羽呂(あそう・はろ)原作の大ヒットコミックス(全18巻)。2020年から2021年にかけて、新章となる「今際の国のアリスRETRY」(全2巻)が刊行されている。

 生きる意味を見失っていたアリス(山﨑賢人)やウサギ(土屋太鳳)たちが元の世界に戻ることを希望として命懸けの“げぇむ”に挑み、仲間との絆が深くなるほどに緊張感が高まるストーリー展開。知力・体力・チームワークなど登場人物たちの特性が活かされる多種多様な“げぇむ”と手に汗握るアクション。その世界観が国内外のファンを魅了している大ヒットサバイバルドラマ、Netflixシリーズ「今際の国のアリス」。

 2020年12月に配信開始された「今際の国のアリス」シーズン1は世界70以上の国と地域でTOP10入り、海外レビューサイトのRottenTomatoesでもオーディエンススコア96%を記録!続編を待望する声が世界中から寄せられた。

 そして、スケールアップして2022年12月に配信スタートした「今際の国のアリス」シーズン2では、更なる話題を世界中で巻き起こし、90以上の国と地域でTOP10入り、うち17の国と地域で首位獲得!日本国内では14日連続1位獲得し、配信からわずか4週で日本発作品として最高記録となる視聴時間が2億時間を突破する大ヒットを記録した。

 そしてこのたび、シーズン3の制作が決定。先日Netflix公式ソーシャルに突如投稿された一枚の「謎の広告」。「渋谷駅」「10枚のトランプ」「不気味なキャラクター」…、SNS上で様々な憶測を呼び、続報への注目が集まっていた。そして、この「謎の広告」への回答として、シーズン3の制作決定が発表された。「今際の国」の謎に迫り、絵札カードの“げぇむ”に挑むアリスやウサギたちの戦いが活写されたシーズン2のラスト、意味深に映された「JOKERカード」が、解禁されたアートへも印象的に描かれており、新たな”げぇむ”の開始を予感させるビジュアルとなっている。

佐藤信介監督:コメント

 誰もがこれで終わりだと思っていた。でも、ただ一つ、残されていた欠片があった。Season3が始まります。まったく誰も知らない、新たな旅が始まります。さらなるゲーム。さらなるプレイヤー。一体敵は、誰なのか? 生き残るのは、誰なのか?その答えを知る者はいない未知なる旅。お楽しみに。

Photos

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)