2人のロードマップが再び始動!最強バディのハル目黒蓮とガク佐野勇斗(C)TBS

 目黒蓮と佐野勇斗がバディを組むTBS系ドラマ『トリリオンゲーム』が15日、最終回を迎えた。ドラゴンバンクの黒龍(國村隼)によって窮地に立たされたハル(目黒蓮)とガク(佐野勇斗)。ハルとガクの間にも亀裂が入り、2人の夢はいよいよ潰えるのか…と思われた最終回。最後の最後に待ち受けていたのは、ハルのしたたかな作戦とガクのひた向きな姿勢が呼んだ大逆転。2人の友情は不滅だった。「俺らのワガママは世界一!」と2人のロードマップが再び始動。続編も期待される最終回にSNSでは反響の声があがっている。※以下、ネタバレ含みます。

最終回の展開

 トリリオンゲーム社の全ユーザー情報が漏洩し、凜々(福本莉子)はユーザーへの謝罪と説明が必要だと記者会見を行うが、社長としての管理責任を追及されてしまい社長を辞任することを発表した。ガクは自分が作ったセキュリティの甘さだと思い、責任を感じてしまう。

 会社の信用は地に落ち、売り上げも激減。打つ手がないハル(目黒蓮)とガクと祁答院(吉川晃司)に、黒龍(國村隼)は会社を手放すよう迫る。これまで歯向かってきたハルだったが、自分をドラゴンバンクの役員にするならと取引に応じてしまう。そのことを聞いたガクは、今回もハルの作戦だと思っていたが、会社のために頑張ってきたトリリオンゲーム社の社員を切り捨て、凜々との会社を立て直すという約束もなかったことにしたハルに、ガクは怒りに震え、その場から立ち去る。

 数日後、ついにドラゴンバンクがトリリオンゲーム社を買収した。呆然とするガクたち社員の前に、ドラゴンバンク役員としてハルが現れ、トリリオンゲーム社の新社長を連れてきた。そしてハルによってトリリオンゲーム社の役員は一新された。

 社員を雑に扱う新社長。ガクは総務部に異動を命じられてしまう。また、ガクが大切にしていたハルからもらった椅子も捨てられてしまい、ゴミ置き場で椅子を見つけたガクは、これまでのことを思い出し、堪えきれず涙を流す。

 退職届を手に、辞めることまで考えていたガク。考えたところに現れたのはハルだった。ハルは裏切ったように見せかけ「ドラゴンバンク社」に入り込んで闇を暴こうとしていたのであった。

 ハルは掴んだ黒龍の悪い噂を解明するべく、ガクに清掃員を装って社長室に潜入し、機密情報をゲットするミッションをお願いする。それだけでなく、ガクにはまだミッションが…。

 会社から出た黒龍とハルを見てガクは社長室に潜入する。が、携帯を忘れたと黒龍は社長室に戻る。ハルは機転を利かせ、少しでも戻る時間を伸ばそうとし、ガクが機密情報を抜き取るのに時間を稼いだ。ハルとガクの協力プレーによって黒龍のPCから様々な情報を手に入れた。うまくいったと思われたが、「トリリオンTV」で流そうとした際、急に新社長からキャスターを変えることが告げられ、失敗に終わる。

 実は黒龍にバレていたのであった。監視カメラにガクが社長室で抜き取っていたのが映っており、「ドラゴンバンク」の緊急役員会で晒されたのであった。が、ハルは緊急動議として黒龍の解任を要求した。

 ハルは祁答院とともに、「ドラゴンバンク」の株をバレないように買い、16%まで集めた。ガクは黒龍のパソコンのカメラをハッキングし、情報隠ぺいを指示する決定的な瞬間を捉えたデータをゲットしていたのだった。それをもとに黒龍・キリカの株を手放したのであった。

 ハルが社長になると思ったが、インサイダー取引など犯罪になることまでしていたため、新社長にガクを指名する。子会社になった「トリリオンゲーム社」が親会社の「ドラゴンバンク」を買収して立場逆転。「ドラゴンバンク」は「トリリオンゲーム社」の傘下に入った。「トリリオンゲーム社」の社長はガク。子会社「ドラゴンバンク」の社長は桐姫になる。 ハルはこれまでの罪を被ってみんなのもとから去っていった。

 2年後…。ガクのもとにハルが帰ってきた。2人のロードマップが再び始動する!

放送後から大反響

 放送後からSNSでは反響の声が続出。「有終の美」「最強バディ」「ハルとガク最強コンビだね」「最高に楽しいドラマでした」「夢を見させてくれるし叶えてもくれるドラマ 毎週1時間があっという間で本当に面白かったな」「最高だったね」「もう既にロスがすごい」「ハルの前しか見てない感じめちゃ良いし、ガクとリンリンが一緒に羊羹食べてんの可愛かったな」「涙腺崩壊してる」「本当に最高なドラマでした」「最後の最後まで友情パワー炸裂でハルガク最高でした」「ハルとガクの大冒険をずっと一緒に歩いてた気になってた」などの声があがり、X(旧ツイッター)ではトレンド入りにも果たした。なかには「続編で、またハルとガクに会えますように」と続編に期待する声もあった。

Photos

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)