YOSHIKIとHYDE(撮影・村上順一)

 YOSHIKIとHYDEが5日、都内で行われた、音楽ドキュメンタリー映画『YOSHIKI:UNDER THE SKY』(9月8日日本先行公開)ジャパンプレミア&舞台挨拶に登壇した。

 アメリカやヨーロッパ、中国、日本など、様々な国のアーティストをYOSHIKIがプロデュースし、自身がアレンジした楽曲で、それぞれのアーティストとコラボレーションする。その軌跡とライブを追った。

 レッドカーペットでHYDEは、「この企画が始まってけっこう経っているのですが、完璧主義なYOSHIKIさんが丹精込めて作っているのを見ていました。ロサンゼルスのスタジオで編集も同時に行われていて、やっと完成したので僕も嬉しいです。すごく素敵なミュージシャンに囲まれてとても光栄に思います」と笑顔を見せた。

 YOSHIKIは、映画がひろうされることに「ドキドキします」とはにかんだ。そんなYOSHIKIにハリウッドから大きなニュースが舞い込んだ。日本人アーティストとしては初めて、ハリウッドを象徴するTCLチャイニーズ・シアターに名を刻むことになったのだ。

 YOSHIKIは「日本のアーティストは初登録。アジアでもアーティストとしては初ということでとても光栄です。僕はロサンゼルスに住んで30年近く経ちますが、まだまだ自分の中で達成感はないのですが、こうやって選んで頂いて恐縮です」と喜んだ。

Photos

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)