(C)TBS

 目黒蓮と佐野勇斗がバディを組むTBS系ドラマ『トリリオンゲーム』(毎週金曜よる10時)の第8話が9月1日に放送される。前回の放送では、自分たちの手で新しいメディア帝国を作ろうと、ネットテレビ局「トリリオンTV」を開局。報道番組をメインにすることを決め、報道のプロ・功刀プロデューサー(津田健次郎)と大人気アナウンサーの白虎あかり(百田夏菜子)を引き抜き、トリッキーなやり方で次々と困難を乗り越えた。そして、ガクとハルの友情パワーは最強ということを再認識したのであった。第8話のあらすじは以下の通り。

■第8話

 トリリオンゲーム社はゲーム事業、テレビ事業で収益を大幅に伸ばしていった。

 一方、桐姫(今田美桜)がCEOとなった動画配信サービスのD-REXはアジアの大手家電メーカーと業務提携し、テレビのリモコンに専用ボタンを設置、月額料金を1年完全無料にすると会見で発表。そして配信好調なトリリオンゲーム社のことを「ベンチャーに毛が生えたような競合他社」と揶揄する。

 出席していたアナウンサーのあかりが「トリリオンゲーム社への宣戦布告だ」と意見し、場は騒然となる。そんな中、ハルは話題となった D-REX 社の戦略への一発逆転案として、人気アニメスタジオ・ポポラの新作の独占配信をぶち上げる。早速、ハルとガクで交渉に訪れると、ポポラの監督・宇佐美マリ(麻生祐未)は噂以上のワガママぶりで・・・。

 ハルはポポラの権利を掴むためにガクに重要ミッションを言い渡す。 果たしてトリリオンゲーム社は新作独占配信権を勝ち取れるのか。

Photos

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)