© 2023 A LIST MEDIA ENTERTAINMENT, INC.

 アメリカやヨーロッパ、中国、日本など、様々な国のアーティストをYOSHIKIがプロデュースし、彼自身がアレンジした楽曲で、それぞれのアーティストとコラボレーションする、その軌跡とライブを追った音楽ドキュメンタリー映画『YOSHIKI:UNDER THE SKY』が、世界に先駆け日本全国の映画館で9月8日から公開することが決定した。各地の主要映画館にて全国一斉上映となる。

 【動画】予告映像

 YOSHIKI初監督作品となる本作は、世界が直面する様々な危機に際し、「どんな困難も乗り越えていけるというメッセージを全世界に届けよう」というYOSHIKIの呼びかけから始まった全世界プロジェクト。

 HYDE(日本)、SUGIZO(日本)、SixTONES(日本)、ザ・チェインスモーカーズ(アメリカ)、セイント・ヴィンセント(アメリカ)、ニコール・シャージンガー(アメリカ)、ジェーン・チャン(中国)、リンジー・スターリング(アメリカ)、スコーピオンズ(ドイツ)、サラ・ブライトマン(イギリス)など、時代の最先端を行く総勢10の世界的な著名アーティストらが参加している。

 また、名曲「ENDLESS RAIN」で世界中のファンが合唱するシーンは、圧巻且つ大きな感動を呼ぶ、本作のハイライトの一つだ。

 これまでYOSHIKIはアメリカ・ロサンゼルスを拠点に、米ゴールデングローブ賞やハリウッド映画のテーマソングを作曲し、また米マディソンスクエアガーデン・米カーネギーホール・英ウェンブリーアリーナという世界3大音楽聖地での公演を成功させた唯一のアジア人でもある。

 さらに、今年10月に開催するソロワールドツアーでは、歴史的3会場である 英ロイヤルアルバートホール・米ドルビーシアター・米カーネギーホールを日本人として初制覇する。

 世界を舞台に長年活躍し続けてきたYOSHIKIだからこそ、今回の呼びかけに多くのアーティストが賛同し、一同に集結したのだ。

 世界各国で、アーティストたちが思うように音楽活動ができず、ファンとの交流もできない、そんな過去に例がないほどの困難な状況の中で立ち上ったこのプロジェクト。

 その苦難の軌跡と、舞台裏で語られるアーティストたちの想い、そして迫力のライブ映像は、きっと“音楽の持つ力”を観る者に示してくれるだろう―。

 そしてこのたび、YOSHIKIと豪華アーティストとのコラボパフォーマンスの一部が公開された予告映像と、本作のキービジュアルが解禁される。

 YOSHIKIが大空の下でピアノを奏でるという映画のワンシーンが用いられているキービジュアルは、まさしく『YOSHIKI:UNDER THE SKY』というタイトルそのものだ。また予告映像に次々と映し出される、錚々たるアーティストらの顔ぶれに、YOSHIKIとのコラボレーションの全容が明らかとなる映画本編にも期待が高まる。

YOSHIKI:コメント

 当初この作品の制作について発表した時には、現在のようにみなさんと共に同じ場所に集い、音楽の喜びを分かち合うことができると思えませんでした。そして約3年という長い時間を費やしその環境が整った今、劇場公開版としてサウンドや内容など全てにおいてベストなものを作りあげることができました。

 日本からはHYDE、SUGIZO、SixTONESが、海外からはサラ・ブライトマンやザ・チェインスモーカーズなど総勢10組もの世界的アーティストが参加してくれています。

 ぜひ、この素晴らしいアーティストとの最高の音楽を、映画館で楽しんでください。

Photos

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)