サザンオールスターズのキーボーディスト原 由子が、31年ぶりソロアルバム『婦人の肖像 (Portrait of a Lady)』が、10月19日にリリースされることに先駆けて、10月8日に全国5都市の映画館で「原 由子『婦人の肖像(Portrait of a Lady)』“ヤバい”最速先行試聴会」を開催することを発表した。

 サザンオールスターズのキーボーディストであり、ボーカル・コーラス・アレンジなども幅広く担当し、バンドの音楽的かつ精神的支柱である原 由子が、1991年発表の『MOTHER』以来、実に31年ぶりのオリジナルアルバム『婦人の肖像 (Portrait of a Lady)』を10月19日にリリースする。

 『はらゆうこが語るひととき』(1981年)、『Miss YOKOHAMADULT YUKO HARA 2nd』(1983年)、『MOTHER』(1991年)に続く、4作目のオリジナルアルバムは、44年の音楽キャリアを共に生き抜いてきた“戦友”そして“楽友”である桑田佳祐の全面バックアップのもと完成!原 由子のアーティストとしての軌跡、そしてボーカリスト・ソングライター・アレンジャーとしての類稀なる才能が生み出した、今の時代にこそ聴いて欲しい渾身の作品に仕上がっている。

 桑田のレギュラーラジオ番組では、「ヤバいね愛てえ奴は」、「スローハンドに抱かれて (Oh Love!!)」、「鎌倉 On The Beach」、「夜の訪問者」、「Good Times~あの空は何を語る」などの曲を週替わりで初オンエアする企画を実施してきたが、アルバム全曲の全貌が明らかになるまで5曲を残している中、規格外の“ヤバい”企画が発表された。

 東京・愛知(名古屋)・大阪・北海道(札幌)・福岡の全国5都市の映画館で、10月8日14時から「原 由子 『婦人の肖像(Portrait of a Lady)』 “ヤバい”最速先行試聴会」と題したアルバムの試聴会を開催されることが決定した。

 この試聴会では、桑田のレギュラーラジオ番組「桑田佳祐のやさしい夜遊び」の番組リスナーおよびサザンオールスターズのファンクラブ会員が、無料招待される。東京はTOHOシネマズ六本木ヒルズ、愛知はミッドランドスクエアシネマ、大阪はTOHOシネマズ梅田、北海道は札幌シネマフロンティア、福岡はユナイテッド・シネマ キャナルシティ13で、14:00より一斉上映される。

 23日より、「桑田佳祐のやさしい夜遊び」のHP内で応募が受付開始(サザンオールスターズファンクラブ会員にはファンクラブ会員サイトで案内・募集開始)。応募期間は9月23日18:00から9月27日23:59までの受付となる。

試聴会詳細

上映タイトル:
原 由子 『婦人の肖像(Portrait of a Lady)』 “ヤバい”最速先行試聴会
日時:2022年10月8日(土)14:00開演 ※約60分を予定

会場:
北海道 札幌シネマフロンティア
東京都 TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
愛知県 ミッドランドスクエア シネマ
大阪府 TOHOシネマズ 梅田
福岡県 ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13

料金:無料(応募抽選) 
※1名につき2枚まで応募が可能
※別途、システム利用料220円+キャリア決済の場合220円/1枚の手数料がかかります。

応募条件:
・「桑田佳祐のやさしい夜遊び」(TOKYO FM/JFN系 全国38局ネット 毎週土曜23:00〜) 番組リスナー
応募ページ http://www.tfm.co.jp/yoasobi/

・サザンオールスターズファンクラブ会員(応募詳細については会員サイトで案内)

応募期間:9月23日(金)18:00〜9月27日(火)23:59
当落発表:10月1日(土)15:00

https://special.southernallstars.jp/hara2022/

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)