綾瀬はるかと松下洸平

 綾瀬はるかと松下洸平が共演するユニクロの新CM「LifeとWear/ちょっと遠くへ篇」が19日から放送開始される。

 LifeWearスペシャルアンバサダーを務める綾瀬はるか。新CMでは、軽くて暖かく、持ち運びしやすいウルトラライトダウンを羽織り、肌寒い季節でも快適に自然を満喫する様子を描く。

 出勤途中、渓谷行きのバスを見て思わずちょっと遠くに行きたくなった綾瀬。カバンの中にあるウルトラライトダウンを確かめると、クルッと方向転換してそのままバスに乗り込む。

 秋の渓谷で少し肌寒さを感じた綾瀬はウルトラライトダウンを羽織ってリモート会議に出席。会議を終え散歩をしていると、バラエティ豊かなウルトラライトダウンを着た友人達と一緒にいる松下洸平と偶然遭遇し、記念写真を撮ってあげる展開に。

 新CMでは、充実のラインアップを揃え、軽くて持ち運びしやすく暖かいウルトラライトダウンの魅力を届けている。

 TVCMソングとして流れるのは、1994年リリースの桑田佳祐のアルバム「孤独の太陽」に収録されている楽曲「鏡」。自分と向き合い、ちょっと旅をしたくなる、その背中を押してくれるようなアコースティックギターの音色が印象的だ。

 「とにかく軽くてふわふわで、なのにすごくあったかいので最高の着心地!色んなバリエーションやカラーがあるのもすごくいい」という綾瀬。「本当に軽いし、小さくなるのでカバンに入れておけば必要な時にぱっと着て持ち歩きにも便利」と松下。

 ウルトラライトダウンを着て旅をするなら「北海道!せっかくなので寒いところにぬくぬくしながら行きたい!」と意見が一致。更に今年の秋にチャレンジしてみたいことは…?

 綾瀬「今、撮影で筋トレをしていて、撮影が終わっても運動を続けたいので『運動の秋』」

 松下「今年夏に初めて行った海釣りがめちゃくちゃ楽しかったので、秋も挑戦したいので『釣りの秋』で」

 大自然に囲まれ、楽しそうに答えていた。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)