『KCON 2022 JAPAN』が10月14日~16日、東京・有明アリーナで開催される。25日には、出演する第1次アーティストのラインアップが決定。IVEやJO1、NiziUなど人気アーティストたち11組がアナウンスされた。

 【写真】第1次出演アーティスト

 100%韓国エンターテインメントチャンネル「Mnet」および、日本初の韓国エンタメ動画配信サービス「Mnet Smart+」を運営するCJ ENM Japanの韓国本社であるCJ ENMが主催。世界最大級のK-カルチャーフェスティバル『KCON』が米ロスアンゼルスでの勢いのまま、10月ついに東京にやってくる。

 CJ ENMは2012年、カリフォルニア州アーバインで初めて『KCON』を開催した後、2015年には日本で『KCON』を催した。その後、規模を拡大し続け、開催場所もさいたまスーパーアリーナ、幕張メッセを経て、今年10月には東京の中心部である有明アリーナに進出。有明アリーナはオリンピック開催に備えて作られた、エンターテインメント総合施設として生まれ変わった場所。

 CJ ENMは『KCON 2022 JAPAN』のショーに参加し、グローバルZ世代の観客を熱狂させる1次ラインナップを公開した。IVE、JO1、JOYURI、Kep1er、KIHYUN(MONSTA X)、LE SSERAFIM、NewJeans、NiziU、NMIXX、TEMPEST、TNX(表記はアルファベット順)という豪華アーティストたちが集結。

 「LOVE DIVE」から最新曲「After LIKE」まで相次ぐヒットで、2022年を自身の年にしているIVEとK-POPという境界線を越えるユニークなスタイルとパフォーマンスを見せ、日本で圧倒的人気を集めているJO1が『KCON 2022 JAPAN』の舞台に上がる。

 また、清涼で澄んだ声とラブリーなビジュアルでソロアーティストとしての地位を固めているJOYURI(チョ・ユリ)、デビュー曲だけで音楽放送1位とミュージックビデオ再生数1億回を突破するなど、各種記録を立てている第4世代K-POPパフォーマンスガールズグループの代表走者Kep1er、独歩的な音色で感性豊かなボーカリストとして、広い音楽性が証明されているMONSTA XのKIHYUN(キヒョン)も『KCON 2022 JAPAN』への出演を決めた。

 第4世代旋風を巻き起こしたガールズグループや2022年最高のルーキーとして注目される新人ボーイズグループも多数『KCON 2022 JAPAN』で会うことができる。デビュー曲「FEARLESS」で米・ビルボードチャートに16週連続ランクインし、人気グローバルグループに浮上したLE SSERAFIM、デビューと同時に主要音源チャートを制覇し、音楽番組4冠王に輝いたNewJeans、登場と同時に日本音楽界を魅了し、人気ガールズグループとしての位置を確立したNiziU、ボーカル・ダンス・ビジュアルまで3拍子揃った“全員オールラウンダーグループ”NMIXXもラインナップに名を連ねた。

 さらに、デビューと同時にグローバルファンを魅了し、“第4世代ホットアイテム”に浮上したTEMPEST、爆発的なパフォーマンスで“完成型アイドル”と評価されているTNXも日本の観客の前に立つことが決まった。

 CJ ENM音楽コンテンツ本部のキム·ドンヒョンコンベンションライブ事業部長は「3年ぶりにオフラインで開催された『KCON 2022 LA』は、現場来場者9万人、デジタル708万人など、全世界で717万もの観客を集め大きな成果を上げた。このような熱気を下半期の東京に繋げていく。さらにK-カルチャーファンと出会い、ファン接触型を中心としたコンテンツを通し、K-カルチャーのビジョンを提示する」と抱負を明らかにした。

 いっぽう、KCONはK-POPアーティストたちのショーとK-ライフスタイルを体験できるコンベンションが融合した世界最大のK-カルチャーフェスティバルで、2012年に米国で初めて開催された後、米州、日本だけでなく中南米、ヨーロッパ、オセアニアなどで進行し、K-カルチャー拡散の橋渡しの役割を果たしてきた。2020年には新しい形態のオンラインフェスティバル『KCON:TACT』も披露した。

この記事の写真

記事タグ


コメントを書く(ユーザー登録不要)