舞台挨拶で涙を流す永野芽郁

 永野芽郁、奈緒、タナダユキ監督が23日、都内で行われた映画『マイ・ブロークン・マリコ』(9月30日公開)の舞台挨拶付き完成報告試写会に登壇した。永野は最後の挨拶で「自信をもって言える作品ができて嬉しい」と涙した。

 【動画】舞台挨拶で涙を流す永野芽郁

 平庫ワカによる同名コミックが原作。親友が亡くなったことを知った主人公が、その魂を救うためにと遺骨を抱いて旅に出る物語。

 主人公のOL・シイノトモヨを演じる永野にとっては、これまでのイメージを覆す役どころへの挑戦となる。永野自身も冒頭の挨拶で「もしかしたら芽郁ちゃんじゃないって衝撃を受けるかもしれません」と語ったほどだ。

 亡くなった親友・イカガワマリコを演じる奈緒とは、プライベートでも仲がいい間柄。そんな2人が一緒に登壇するのはこの舞台挨拶が初めて。奈緒は「こうして芽郁ちゃんと立たせてもらえて感極まりそうになりました」

 その永野。劇中では喫煙したりと涙流したりと体当たりで役に挑んだ。最後の挨拶では「自信をもって絶対に見て欲しいという作品が…」と声を詰まらせ親友の奈緒、そして監督を見たあとに息をはき「できたことを誇りい思いますし、それを皆さんが感じてくれると思います」と声を震わせながら続けた。

 そして「きっときょうここに足を運んで下さった方が帰る頃には、何か肩の荷が下りたと思える作品ができたと思います。ゆっくり見てください」と涙を流しながら語った。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)