乃木坂46が31日に発売する30thシングル表題曲「好きというのはロックだぜ!」のミュージックビデオをオフィシャルYou Tubeで公開。

 「好きというのはロックだぜ!」MV

 新設された羽田空港「第2ターミナル国際線出発ロビー」と某スタジオで、7月上旬に撮影された「好きというのはロックだぜ!」のMV。「この夏休みに何をするのか?」の脳内プレゼンをコンセプトに、「あれもしたい! これもしたい!」と、なかなか決められない賀喜遥香の姿が描かれている。

 すでに開催中の『真夏の全国ツアー2022』でも披露している「好きというのはロックだぜ!」は、小刻みにジャンプするダンスが多く、メンバーは汗だくになりながらダンスシーンを撮影。

 そしてセンターを務める賀喜が着用した衣装は10パターンもあり、今までのMV撮影で最も着替えが多かった作品になったという。

 また、最後の撮影となったメンバーの会議シーンでは、撮影時間が長引き、休憩時間にだんだんと目を閉じていくメンバーが続出。撮影が始まる直前に、普段は起こされる側が多い与田祐希に齋藤飛鳥が起こされるという、誰も見たことのない微笑ましいエピソードも。

 映像ディレクターとしてアニメーションやMVなど幅広く手掛け、乃木坂46の作品では「Route 246」「全部 夢のまま」「I see…」など、数多く手掛けた神谷雄貴(maxilla)が監督として指揮を執った所にも注目だ。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)