佐野勇斗演じる馬場。1班の精神的支柱へ(C)フジテレビ

 町田啓太が主演、佐野勇斗らが共演するフジテレビ水10ドラマ『テッパチ!』の第4話が27日放送され、ある出来事がきっかけで自信を失う丸山栄一(時任勇気)を支えようとする馬場良成(佐野勇斗)の姿、そして馬場の無邪気な笑顔が話題になった。※一部ネタバレを含みます。

 サバゲーが趣味でミリタリー通でもある丸山栄一(時任勇気)は射撃の予習訓練で教官たちに褒められるが、実弾を使った射撃訓練で前回不甲斐ない結果に終わった国生宙(町田啓太)に結果を越えられてしまう。ショックを受け、会社員時代の上司からこき下ろされた「お前の代わりなんていくらでもいる」を思い出し自信を無くし、更に久々に会った元同僚の仲間に騙され失意の底に落ちる。

 そんな丸山を見かねた教官の八女純一(北村一輝)は宙の努力をしている姿を見せ、鼓舞した。それから丸山と八女の2人の特訓が始まった。以前から丸山を気にしていた馬場はその様子をみて八女と一緒に丸山の訓練を手伝い、努力の日々が続く。再び始まった実射訓練。努力の成果か丸山の弾はど真ん中に命中し、歓喜の雄たけびを上げたのだった。

 丸山を気にかけ、訓練を手伝った馬場。それだけでなく、休日には仲間をカラオケに誘い出し、英気を養わせようと配慮する一面も見せた。この話を通して、馬場は仲間想いで1班のことを家族のように思い誰にでも手を差し伸べるやさしさ、仲間だけでなく、八女に対しても真っ直ぐに自分の意見や他の人の過去などを知って団結していこうと行動にうつす真面目な姿が見られた。

佐野勇斗演じる馬場(C)フジテレビ

 佐野は過去の取材で、馬場の印象を「自衛官候補生のみんなをまとめる存在でしっかりしたキャラクターです」とも語っていた。その一端が物語が進むにつれ、よりくっきりと表れてきている。

 そんな姿に、SNSでは「みんなのことをよく見ていてちょっとした心の動きに気づいてあげられる繊細で気遣い半端ない馬場くん(佐野勇斗くん)好きだなぁ」などの声が寄せられている。

 一方、第4回放送で話題になっているのは、カラオケでのシーン。国生宙や荒井竜次(佐藤寛太)らとダンスする姿が放送中から話題になった。

 そこで思いっきり楽しむ佐野勇斗の無邪気な笑顔。

 視聴者からは「いまの馬場、佐野だったろ」「もう馬場から佐野勇斗がはみ出してきてんのよ」「もはや、佐野勇斗で出てるwww馬場ってより佐野」「いつもの佐野さんにしか見えんww」と役を通り越して佐野勇斗そのものが溢れていたと話題になった。

 1班の精神的支柱ともいえる立場になってきた馬場。そして溢れる佐野。今後の展開に注目だ。

Photos

記事タグ


コメントを書く(ユーザー登録不要)