BTSが14日、グループ活動と個別活動を並行するという計画を明らかにした。

 BTSは14日公式YouTubeチャンネル‘BANGTANTV’で公開された「BTS会食」映像コンテンツで、デビュー9周年を迎えた感想とニューアルバム『Proof』に至るまで今までの活動を振り返る時間を設けた。

 BTSは全世界パンデミック以降チャレンジした新しい挑戦と変わった周りの環境についても率直に話した。デビューアルバムから楽曲作業はもちろんアルバム作業全般に参加してきたBTSは9年間の活動において創作の壁にぶつかった状況についての難しさを述べた。さらに今までチーム活動に集中してきた分これから続く個別活動によるファンの寂しい気持ちについても心配し、申し訳ない気持ちを表した。

 BTSは個人的な成長と‘BTSチャプター2’に行くため今後の活動計画にも言及した。

 BTSはソロアルバム発売、様々なアーティストとのコラボレーションなどを通じて‘BTSチャプター2’の本格的始まりを知らせる計画だ。彼らの個別活動は順次公開され、トップバッターはJ-HOPEになる予定だ。

 BIGHIT MUSICは“BTSはチーム活動と個別活動を並行する新しいチャプターを始める。メンバー各自様々な活動を通じて成長する時間になり、今後BTSがロングヒットするグループになるための滋養分になることが期待される。そのためにレーベルでも積極的に支援する”と明らかにした。

 BTSは10日発売されたデビュー後9年の歴史を集約したAnthology Album『Proof』に過去と現在、未来についてのメンバーの思いを詰め込んだ。9年間自分たちの道を歩みながら歴史に残る記録を刻んだBTSが別々でまた一緒に活動をつづけながら作り出す新しい歴史に全世界の関心が集中している。

 なお、BTSは自己制作バラエティー番組‘RUN BTS’を再開し、16日Mnet‘MCOUNTDOWN’を皮切りに17日KBS2’MUSIC BANK‘、19日SBS’人気歌謡‘にも出演し、ニューアルバム『Proof』のリード曲「Yet To Come (The Most Beautiful Moment)」のステージを披露する予定だ。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)