様々なアーティストが山下達郎の曲をカバーし、その思い入れを語る「山下達郎ナイト第2夜」が12日、NHK音楽番組『The Covers』(日曜・夜 10:50 BS プレミアム/BS4K)で放送される。

 先週第1夜が放送され話題を呼んだ「山下達郎ナイト」に続き、達郎サウンドを愛して止まない、ジャンル・世代を超えたアーティストが名曲カバーと共に、メディアにほとんど姿を見せない山下達郎の魅力を語り明かす同特集。第2夜も、前週に続き5組のアーティストが、達郎愛を語る。

 第2夜・12日の放送では、山下達郎が提供したヒットナンバーや、プロデュース作品を中心にお届け。作詞を松本隆、作曲を山下達郎が手がけた、KinKi Kids衝撃のデビュー曲「硝子の少年」。山下達郎が、KinKi Kidsの未来もイメージして、時が経っても歌える曲を、というメッセージが込められたこの曲。

 ミッツ・マングローブ率いる音楽ユニット・星屑スキャットが、山下達郎へのリスペクト、そして達郎が愛する 60年代の音楽へのオマージュも込めて、新たなアレンジでカバーする。トークでは、山下達郎が手がけたこの曲のポップさと奥深さ、そしてKinKi Kidsのデビュー当時の印象について熱く語られる。堂本光一の【語り】にも要注目。

 そして俳優・歌手として活躍するMORISAKI WINは、竹内まりやの名曲「駅」をカバー。元々は中森明菜に提供したこの曲。竹内まりやがセルフカバーするにあたり、達郎がアレンジ・プロデュースを手掛け、大ヒット。

 カバーするにあたり「この曲の物語の、ストーリーテラーのように歌いたい」と語ったMORISAKI WIN。ミャンマー出身の彼が「駅」のカバーに馳せた思いとは?

 番組ラストを飾るのは平原綾香。山下達郎が2005年発表した「白いアンブレラ」をカバー。達郎さんのボーカルと管楽器が響きあうこの曲。原曲でサックスをレコーディングしたのは、世界的サックスプレーヤーであり、昨年亡くなった平原綾香の父・平原まこと。今回は、綾香が亡き父への思いを胸にボーカル、そしてサックス演奏も披露。パフォーマンスへの並々ならぬ覚悟が語られる。心に迫るパフォーマンスは必見。

番組情報

NHK 『The Covers』 【番組 Twitter: @nhk_covers HP:nhk.jp/thecovers】
【MC】リリー・フランキー 水原希子 【語り】堂本光一
日曜 22:50~23:19
The Covers 『山下達郎ナイト!第2夜』
【ゲスト】GLIM SPANKY、Original Love 田島貴男、平原綾香、星屑スキャット、MORISAKI WIN
■放送予定:6月12日22:50~23:19 < NHK BS プレミアム/BS4K >
♪「駅」/MORISAKI WIN (竹内まりや/1987)詞・曲:竹内まりや
Arr&Pf:笹路正徳 Dr:河村"カースケ"智康 Ba:鈴木正人 Gt:石成正人
Tp:西村浩二・中野勇介 Fl:庵原良司・鈴木 圭 Str:真部 裕ストリングス
♪「硝子の少年」/星屑スキャット (KinKi Kids/1997)詞:松本 隆 曲:山下達郎
♪「白いアンブレラ」/平原綾香 (山下達郎/2005)詞・曲:山下達郎
Arr&Rhodes:笹路正徳 Dr:河村"カースケ"智康 Ba:鈴木正人 Gt:石成正人 Str:真部 裕ストリングス
Tp:西村浩二・中野勇介 Tb:村田陽一・鹿討 奏 Sax:本間将人 Sax&Fl:庵原良司・鈴木 圭

この記事の写真

記事タグ


コメントを書く(ユーザー登録不要)