綾瀬はるかと長谷川博己

 長谷川博己と綾瀬はるかが25日、都内で行われた映画『はい、泳げません』(6月10日公開)公開直前イベントに登壇した。

 泳げない男と泳ぐことしかできない女の、希望と再生の物語。NHK大河ドラマ『麒麟がくる』以降、初の主演作品となる長谷川博己が、頭でっかちな言い訳ばかりするカタブツな哲学者・小鳥遊雄司を演じ、そんな主人公に水泳を教えるコーチ・薄原静香を綾瀬はるかが演じる。

 NHK大河ドラマ『八重の桜』で夫婦役を演じて以来の共演で、映画は初共演。「その後も割も仲良くさせてもらっているので」(綾瀬)と互いの信頼関係からか、トークは終始まったりとした空気が流れていた。

 現場でも同様の空気が流れていたのか、長谷川は「役作りの話はしなかったよね」と明かすと、綾瀬も「お昼何食べるかとか」。渡辺謙作監督も「真面目な話は絶対にしていない」と笑い合った。

 すでにあった信頼関係。長谷川は「頼れる共演者です」と綾瀬を称え「9年ぶりにお芝居するとなると、こう(距離を感じる)のかなと思ったんですけど、違和感なくスッと入っていけて。楽しかった」と振り返った。

 綾瀬も「小鳥遊雄司」という役は「台本を読んだ時に長谷川さんにぴったりだなって思っていたので一緒にやっていても楽しかったです」

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)