吉岡里帆

 吉岡里帆、中村倫也、柄本佑、尾野真千子、高野麻里佳、ジェニーハイ、吉野耕平監督が21日、都内で行われた映画『ハケンアニメ!』公開記念舞台挨拶に登壇した。

 辻村深月さんの同名小説を映画化。日本のアニメ業界を舞台に、最も成功したアニメの称号「ハケン(覇権)」を手にすべく奮闘する者たちの姿を描く。

 この日は作品への思いが語られるなかで、映画のキャッチコピーにちなみ、それぞれが「貫き続けている好きなもの」を明かすことに。

 一世一代の大チャンスを掴んだ新人アニメ監督・斎藤瞳を演じた吉岡里帆は「グミ」と書いた。乳歯が生え始めた頃から食べていると言い「虫歯にもならず元気な歯でい続けられているので相性はいい」と胸を張った。

 以前、完成披露試写イベントでは、“お近づきの印”に、プロデューサー・有科香屋子を演じた尾野真千子に撮影の合間にグミをあげていたことを明かしていた。「仲良くなりたいなと」とこの日も改めて言及。

 これを受け、瞳のライバルとなる天才ワガママ監督・王子千晴を演じた中村倫也は「佑、グミもらった?」と、クセ者プロデューサー・行城理を演じた柄本佑に質問。「ない」ときっぱりの柄本佑に、吉岡は「ごめんなさい。追い追い」と言い、笑いを誘った

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)