櫻坂46渡邉理佐(撮影・木村武雄)

 ファッションと音楽の祭典『Rakuten GirlsAward 2022 SPRING/SUMMER』が5月14日、千葉市美浜区の幕張メッセで行われた。コロナ禍で2年ぶりの開催。多くの観客に囲まれたランウェイをモデルたちは大音量の音楽をバックに華やかに歩いた。

 【写真】ノースりのティアードワンピを着こなした櫻坂46渡邉理佐(全身)

 「dazzlin」ステージのトリを飾った櫻坂46渡邉理佐はインディゴカラーのメタルボタンティアードワンピース姿でランウェイした。デニムとツイルを使用。メタルボタンはクールな印象で、程よい甘さ加減のティアードデザインも合わさり、大人のきれいさを演出。かごバッグの組み合わせで季節感もアップ。

 この日のランウェイトップバッターを飾ったのは、滝沢カレン。ほか新川優愛、藤田ニコル、池田美優、生見愛瑠をはじめ、シークレットゲストに青山テルマ、松本まりかが登場。更に、AKB48や櫻坂46、日向坂46のメンバーもランウェイを歩いた。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)