HYBE初のガールズグループLE SSERAFIMが27日、公式SNSでデビューアルバム『FEARLESS』のハイライトメドレーを公開した。映像には『FEARLESS』に収録された5曲のハイライト音源が収められている。

【動画】公開された『FEARLESS』のハイライトメドレー 

 最初のトラック「The World Is My Oyster」はファッションショーのランウェイが連想される強烈なリズムとサイケデリックムードが調和した曲。タイトル曲「FEARLESS」は、パンクベースのオルタナティブポップジャンルの曲で、世界の視線に動揺せず恐れることなく前に進むというメッセージが込められている。ボールドなベースリーフとグルーブのあるリズムはパフォーマンスへの期待感が高まる。

 KIM CHAEWONとHUH YUNJINが作詞に参加した「Blue Flame」は、洗練されたメロディーで神秘的な雰囲気を醸し出すディスコパンクスタイルの曲です。「The Great Mermaid」は、童話「人魚姫」をLE SSERAFIMの視線で再解釈した歌で“欲しいものは全部手に入れる。それでも私を水の泡にすることはできない”という歌詞が印象的な曲。イソップ童話の中の「キツネとブドウ」の物語からモチーフを得た「Sour Grapes」は、愛に対する純粋な好奇心と自分自身をより大切にする利己的な面が共存する心理を歌っている。

 LE SSERAFIMのデビューアルバム『FEARLESS』には、パン・シヒョク総括プロデューサーをはじめ、 BTSの「Life Goes On」を作業したシンガーソングライターのBLVSH、米ポップアーティストのDestiny Rogers、プロデューサーチーム13、Supreme Boiなど有名ミュージシャンが大勢参加しており、そうそうたる制作陣による『FEARLESS』は、 予約販売1週間で先行注文数27万枚を超え熱い関心を集めている。

 LE SSERAFIMは5月2日に『FEARLESS』を発売し、同日午後8時にオン・オフラインファンショーケースを開催する。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)