神里優希、田村芽実、林翔太、岡田奈々

 林翔太、田村芽実、岡田奈々、神里優希が20日、東京・サンシャイン劇場でミュージカル「弥生、三月 -君を愛した30年-」開幕直前取材・公開ゲネプロに臨んだ。

 2020年3月に公開された同名映画の舞台化。運命で結ばれた2人の30年を、3月だけを切り取って描くラブストーリー。

 主演の林翔太は山田太郎役を演じる。初日を翌日控え「一安心です。千秋楽まで一公演も欠けることなく、やり切れるようにいいパフォーマンスをしたい」

 太郎が想う運命の人・結城弥生役の田村芽実は「少人数のミュージカルなので体力勝負。心を一つにして千秋楽まで駆け抜けたい」

 太郎と弥生の親友であり2人の運命を握る渡辺サクラ役の岡田奈々は本作で本格ミュージカル初挑戦。「不安も大きかったけど温かく丁寧に教えてくれ、キャストも優しく接してくれました。助け合いながら」

 ストーリーテラーとして重要な役どころとなる太郎の息子・あゆむ役の神里優希は「今までと違う緊張感のなかで、お客さんを導きながら千秋楽まで頑張りたい」

 林と田村はほぼ出ずっぱり。これまでの出演作でも一番長いという林は、30年を3月だけ切り取って演じることに「台本に書かれてない空白の部分がたくさんあるのでどう埋めていくかを稽古場でみんなと話し合いながらやってきました。良い感じになっていると思う」と自信を見せた。

 田村、岡田から見た座長・林の印象は「温かい人」。田村は「存在が歩く空気清浄機。いるだけで癒されるし落ち着く存在。癒される座長」、岡田も「優しいオーラをまとっていて、稽古場に行くと『元気?』って声をかけてくれる。かっこいいし優しい。みんなの体調チェックをしてくれます」

 これに林は「こういう時代だから体調管理はね」と照れ笑い。「30年を演じるので稽古時間が足りない気がしてコミュニケーションをしっかりとりました」、岡田も「みんな仲良しです!」と笑顔を見せた。

 一方の「愛されキャラ」と言われたのは神里。「僕は分からないけど真面目に稽古していて気づいたらみんなが笑っていて。さっきもメイク部屋で『天然でしょ』って言われて」とすると、林は「天然の人はたいてい自分では気づいていないでしょ」と笑った。

会見最後の挨拶でシュートを決める林翔太

 林が演じる太郎はサッカー選手を夢見る役どころ。それもあってか最後の挨拶で「千秋楽までしっかりとこの作品を…」と決めセリフを言ってシュートを決めるポーズを披露。「やれといったのはこの人です…」と指の先に大笑いの田村。

 「一つのチームになった感覚があります」と田村が語っていた通り、和気あいあいとしながらも結束力の高さを垣間見た取材会だった。

 本作は4月21日から24日まで東京・サンシャイン劇場で、27日から28日まで京都・京都劇場で、5月5日には愛知・名古屋市公会堂、5月7日から8日は大阪・サンケイホールブリーゼで上演される。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)