香取慎吾

 香取慎吾が15日、東京・明治座で、『香取慎吾 二〇二二年 四月特別公演 東京SNG』の公開ゲネプロに臨んだ。また、16日の初日公演に寄せて香取がコメントを寄せた。

 「東京SNG」や「こんがらがって」などセカンドアルバム『東京SNG』を中心に、香取とビッグバンドによるダイナミックなパフォーマンスを披露した。バンドは14人体制の大所帯。「生の音をビシビシ感じて欲しいです」。

 『東京SNG』のコンセプトは「タキシードが似合うジャズ」で、楽曲の質にこだわり抜いた渾身の作品だ。その世界観を広げる本公演では生バンドによる至極の音が届けられるともあって「音を楽しみ一緒に最高の時間を作りましょう!」と呼び掛けた。

 明治座公演は昨年に引き続き2度目になる。「ただいま明治座!またお世話になります。歴史ある明治座で、2022年を生きる香取慎吾を表現させていただく喜び感謝です。楽しみます!」と気持ちを高まらせた。

 『香取慎吾 二〇二二年 四月特別公演 東京SNG』は、4月16日~5月6日まで明治座で全22公演を予定している。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)