嵐莉菜

 嵐莉菜が11日、都内で行われた映画『マイスモールランド』(5月6日公開、川和田恵真監督)の完成披露舞台挨拶に登壇。ViVi専属モデルで活躍中の嵐にとって本作が映画初出演で初主演。「一生の宝物になりました」と感慨深く語った。

 在留資格を失い、普通の高校生としての日常が奪われてしまった17歳の在日クルド人の主人公サーリャが、理不尽な社会と向き合いながら、自分の居場所を探し、成長していく物語を描く。

 17歳のサーリャと同じく17歳で現役高校生の嵐莉菜。ほぼ演技未経験だがオーディションを受け出演が決まった。「演技の先輩が多い現場で、足を引っ張ってしまうんじゃないかという不安は常にありました。でもこの役を絶対演じたいという気持ちでした」と振り返った。

 嵐自身は5カ国のルーツを持つ。川和田監督は嵐を起用した理由を「莉菜さんは華やかなイメージでしたが、実際に会って『自分は何人だと思いますか?』というデリケートな質問をした時、すごく複雑な心境を話してくれたんです。そのあとにお芝居を見て本当に最初から彼女は堂々としていましたし、全然違った表情を見せてくれたりしたので、彼女とであればこの作品をやっていけると思いました」と明かした。

 また、「すべてサーリャのシーンですし、出ずっぱりで、初めてで大変だったと思います、でもそれを感じさせない天真爛漫な姿でいつも堂々とカメラの前に立ってくれて」と称えた。

 嵐にとっても初尽くしの本作。話題は撮影現場で印象強く残っている初体験。「私が涙を流すシーンで監督も号泣していたんです。自分の演技を人が見て感情を動かせたというか、感動してくださったのが嬉しくて」と泣きながら監督と抱き合ったことを明かし「一生忘れない人生初体験でした」と感慨深く語った。

 本作は、ベルリン国際映画祭において日本初のアムネスティ国際映画賞からの特別表彰を受けた。嵐は「わたしの一生の宝物のような作品です。本当に一人でも多くの方々に観ていただきたいという気持ちでいっぱいです」と感謝した。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)