志尊淳、柴咲コウ、山田孝之ら

 志尊淳、柴咲コウ、山田孝之らが18日、都内で行われた短編映画プロジェクト『MIRRORLIAR FILMS Season2』初日舞台挨拶に臨んだ。志尊淳と柴咲コウは本企画で監督に初挑戦。志尊は「大変だった」と15分の作品を作るのに1年を要したことを明かし、柴咲は「成人式を2回行うこの歳で初体験できたのはめちゃくちゃ嬉しい」と喜んだ。また企画のプロデューサーである山田は「皆さんやって良かったと言って下さる」と手ごたえを口にした。

 伊藤主税(and pictures)、阿部進之介、山田孝之らが「だれでも映画を 撮れる時代」に、自由で新しい映画製作の実現を目指し、年齢や性別、職業、若手とベテラン、メジャーとインディーズの垣根を越え、切磋琢磨しながら映画を作り上げる短編映画制作プロジェクト。“変化”をテーマに、俳優、映画監督、漫画家、ミュージシャンなど総勢36人が監督した短編映画をオムニバス形式で4シーズンに分けて公開される。

Photos

記事タグ


コメントを書く(ユーザー登録不要)