佐藤大樹と見上愛が体当たりの芝居に挑戦(C)「liar」製作委員会

 佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS from EXILE TRIBE)と見上愛がW主演を務める、MBS/TBSドラマイズム『liar』(2月15日スタート)の主題歌と本編映像が解禁となった。

 人気小説投稿サイト『エブリスタ』で累計1500万PVを達成、コミック版は「電子→単行本」という異例のヒット経歴をたどり、累計200万部突破(紙・電子合計)の話題作『liar』の実写ドラマ化。今回、エンディング主題歌と本編映像が解禁された。

 女性目線と男性目線、それぞれに進行するストーリーが入れ替わりながら進行する。エンディング主題歌は、FANTASTICS from EXILE TRIBE「Turn to You」(rhythm zone)に決定した。

 オトナ女子の胸に響くその歌詞には、例え傷つくとわかっていても止められない思い、そしていつしか「好き」の気持ちが止められなくなっていく恋愛模様の切なさが綴られている。

 更に、エンディング主題歌入り本編映像と場面写真も初出し解禁となる。冒頭からリアルなベッドシーンで始まる映像は、美しく圧倒的。ワルくてズルい大人の恋の駆け引きをエンディング主題歌が最高潮に盛り上げる。

 そして、ベッドシーンから切り取られたメイン場面写真も印象的だ。「服、邪魔」とワイルドに迫りながらもクールな視線を送る市川(佐藤大樹)と、切なげな視線を投げる美紗緒(見上愛)のワンシーン。

 交わることのない二人の視線は、今後の物語の展開を象徴しているかのようだ。男と女、カラダとココロは裏腹で嘘が交錯するハラハラドキドキの新感覚ラブストーリーの結末は…?

 主演・佐藤大樹と楽曲の作詞・作曲を手掛け、原作ファンでもある草野華余子氏のコメントも届いた。

佐藤大樹(市川一哉 役)コメント

 この度、FANTASTCS がエンディング主題歌を担当させていただくことになりました!

 草野華余子さんが作詞作曲を担当してくださり、自ら台本を読み込み、主人公の"イチ"目線で恋愛をテーマに作成してくださいました!

 好きだけど本音を伝えることの出来ないもどかしさ、それでも一途に相手を思う事の儚さ。

 ドラマのストーリー展開と合わせてこの曲を毎週の楽しみにしてもらえればと思います。長年掲げていた"自分の主演ドラマで主題歌を担当する"という夢が叶いました。関わってくださる皆さまのおかげです。

 心から感謝します。

作詞・作曲・草野華余子:コメント

 近付いたと思ったら離れて、素直になれたと思ったらまた本音を隠して傷付いて。いつまで経ってもお互いに一方通行で、どうしても上手く通わない二人の恋心。

 原作漫画読者の一人として、もどかしく感じながらもこの恋の行方を応援していたわたしが、時を経て今回なんと「liar」エンディング主題歌の制作・プロデュースを担当させていただくこととなりました。とても光栄で、嬉しい気持ちで胸いっぱいです。

 交わらない視線、入れ替わる視点、原作漫画同様にドラマも見所盛り沢山かと思いますが、美紗緒とイチのちょっとねじれた恋物語に翻弄されながら、FANTASTICS さんが美しく歌い上げてくださった主題歌「Turn to You」も一緒にお楽しみいただければと思います。

Photos

記事タグ


コメントを書く(ユーザー登録不要)