今年デビュー25周年を迎える2人組アーティスト・ゆずの新曲『風信子』(ヒヤシンス)が、 俳優の阿部 寛、北村匠海が出演する映画『とんび』の主題歌に決定。1月24日に、 同楽曲が使用された本予告映像も公開された。

映画『とんび』は、幾度途切れても必ず繋がってゆく親子の絆を描く、作家・重松 清に よる不朽の同名小説の初映画化作品。破天荒ながら愛すべき父、主人公ヤス役には、圧巻の表現 力と存在感を放つ阿部 寛。ヤスの息子・アキラ役には、若手実力派の中でも突出した才能を発揮 する北村匠海。さらに、メガホンを取った監督・瀬々敬久の元に、薬師丸ひろ子、杏、安田 顕、 大島優子、麻生久美子ら豪華キャストが集結。古き良き時代の物語にとどまらない、新たな時代 への希望を予感させる、家族の絆の物語となっている。

(C)2022『とんび』製作委員会
配給:KADOKAWA イオンエンターテイメント

 主題歌のオファーを受けて北川悠仁が書き下ろした『風信子』は、北川と岩沢厚治による唯一 無二のハーモニーが響きわたる壮大なミディアムバラード。風信子の花言葉 ”変わらぬ愛”が示すように、劇中で描かれる親子の絆や物語に寄り添いながらも、誰しもが抱く 大切な人を想う気持ちが歌詞に綴られている。本日公開された予告映像では、 『風信子』の一部を先行で視聴することができる。

映画『とんび』は、4月8日より全国公開。なお、ゆずは今年3月に16thアルバム『PEOPLE』 をリリースし、3月26日(土)からは4年ぶりとなる全国アリーナツアー「YUZU ARENA TOUR 2022 PEOPLE -ALWAYS with you-」を開催。さらに6月には17thアルバム『SEES』のリリースも 決定しており、デビュー25周年イヤーを精力的に駆け抜けていく。

■北川悠仁コメント

親子の絆そして家族の愛を描く本作『とんび』の主題歌オファーを受けられた際のお気持ち『とんび』は原作の小説を読んでいて、とても大好きな作品でした。お話をいただいたときは びっくりしましたが、同時に 「この映画に最高に合う楽曲を作りたい」と強く思いました。

■本作『とんび』を観ての感想

 心の芯がとても温かくなり、何度も涙が溢れました。不器用だけど深い愛情。たくさんの葛藤やぶつかり合いがありながら、真の愛を確かめあっていく親子の姿に感動しました。

■楽曲に込められた想い

 僕は既に父が他界しているんですが、若い頃に想う親への気持ちと、今この年齢になったからこ そわかる親の気 持ちみたいなものがあって。それでもやはり、計り知れない想いもたくさんあり ます。そんな親を想う子の気持ちや、子を想う親の気持ち。さまざまな”愛の形”をイメージしな がら楽曲を書き上げました。

■映画公開を待つファンへメッセージ

 きっとこの映画を観終わったとき、多くの方が自分の原風景や親への想い、また子への想いが湧き上がると思います。そのとき皆さんの心に、この「風信子」がそっと寄り添えられればいいなと心から願っています。ゆずとしても、今年開催するコンサートの中でも披露する機会があると思います。ファンの皆さんも、是非楽しみにしていてください。

■阿部 寛コメント

 映画のエンドロールにゆずのお二人が作ってくださった「風信子」が流れたとき、自然と穏やか な温かい気持ちに包まれました。子を想う親、親を想う子、普遍的な親子の原風景を描いた『と んび』に、「風信子」という素敵な花を添えて頂き、とても嬉しく思っております。

■北村匠海コメント

 「ゆず」のお二人に、映画主題歌を担当していただき、嬉しいです。「風信子」には『とんび』 に描かれている不器用な愛情、特に父からみる息子への温かさが滲んでいるように感じられまし た。 そして、ゆずのお二人の声が作品全体を優しく包んでくれているようで、どこまでも飛んで ゆくトンビの親子を想いました。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)