読者プレゼント用に作成した琉球グラスを手にする小栗有以

 AKB48の小栗有以(20)が23日、都内で行われた、1st写真集『君と出逢った日から』発売記念取材会に出席。10代最後に初めての水着、すっぴんでの撮影に挑んだ小栗は「色んな小栗有以が詰まっています!」と自信を見せた。

 普段は見られない“素顔”をテーマに、自身たっての希望で沖縄で撮影。「初恋の人と、ひと夏の思い出」を切り取ったような写真が収録されている。

 日焼けを避けるため、海に入るときは全身タイツだったという小栗が今回、初めて水着撮影にも挑戦した。「肌に何もない状態で地に舞い降りたのでドキドキしたんですけど、気分が上がって『ポニーテールとシュシュ』を踊っちゃいました」

 お気に入りカットで選んだ2枚のうち1枚は、波でずぶ濡れになった後に撮ったもの。朝早くからの撮影だったが、陽が出ずに岩で待っていたところに大波を受け頭からずぶ濡れに。一部濡れていた服も海に浸し、全身濡れた状態で撮影した。「結果的に良かった」と大人っぽい表情が印象的なカットになった。

 ファンやメンバーの反応も好評で特に、岡田奈々から「ゆいゆいのゆいゆいが!」と反応があったという。

 沖縄では読者プレゼント用にハート型の琉球グラスも作成した。「スペシャルなものにしたいと思って作りました!」と笑顔を見せた。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)