【第72回NHK紅白歌合戦◇12月28日◇東京国際フォーラム◇リハ初日】King & Princeは「恋降る月夜に君想ふ」を歌う。会見には、神宮寺勇太、永瀬廉、平野紫耀、岸優太、高橋海人が出席した。メンバーそれぞれの成長を語り合った後、今年1年をそれぞれが漢字一字で表現した。

 神宮寺「演出の『演』です。コンサートもやらせて頂いて、個人の仕事でお芝居もさせて頂きましたので、この漢字を選びました」

 永瀬「磨くの『磨』です。この1年でグループでも個人でも色んな仕事をさせて頂いて、KIing & Princeでも初めてのこともありました。朝ドラも自分を磨けて、ダンスプラクティスでも、グループでも磨けた1年でした」

 平野「あう、あう、あう、合わせるの『合』」

 一同「そっち?」

 平野「話し合いとかメンバーのいろんな意見を聞けてメンバーの事をさらに知れて。2年ぶりツアーが有観客でできて、ファンの皆との気持ちとも合わせることができました」

 岸「越えるでスーパー!」

 一同「去年もそうだったじゃん」

 岸「いや、去年は『超』のスーパーだから。今回は『越』えるだから。今年スーパー頑張ったと言えるかといったらまだかもしれないけど、自分の壁を越えたい」

 高橋「『金』です。オリンピックもありましたけど、勇敢客でライブを久しぶりにしてファンの皆とと向き合えて。内側に向ける意識も固めたうえで頑張ったなと、なので自分に『金』をあげたい。それと紅白に向けて髪に金色を入れたので『金』です」

この記事の写真

ありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)