保護犬と向き合う佐野勇斗(日本テレビ)

 俳優の佐野勇斗が、11日よる7時放送の日本テレビ系『I LOVE みんなのどうぶつ園』2時間スペシャルで、心を閉ざした臆病な保護犬を預かり、10日もの間一つ屋根の下で共同生活を送る。

 TBS系ドラマ『ドラゴン桜』や現在日本テレビで放送中の新日曜ドラマ『真犯人フラグ』など、数々のヒットドラマに主要な役どころで出演し、俳優として目覚ましい活躍を見せる佐野勇斗。そんな彼は動物好きという側面も持つ。

 その佐野が今回挑戦する企画は、一般的に“預かりボランティア”と呼ばれ、保護施設で暮らす臆病な保護犬や保護猫を一定期間預かり、“人間は怖くない”ことや“人間と暮らす楽しさ”を教えるもの。

 少しでも人になれてもらえれば、新しい飼い主候補に巡り合うチャンスが増えるかもと、都内で一軒家を借り、1匹の保護犬と10日間の共同生活を送る。保護施設で暮らす保護犬達は一般のイメージを覆すほど人になれていない犬が多い。

 佐野が共同生活を送る犬も、広島県の山奥を彷徨っていた元野犬。過去に何らかの恐怖を与えられたのか、共同生活初日、なかなかケージから出ようとしない保護犬に、佐野は本気で向き合っていく。

 映画やドラマで見せる顔とは一味違う、無邪気で明るい性格がを見せる一方、保護犬に対して人間に心を開いてもらいたいと健気に向き合う。彼の人間性にも触れる。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)