RADWIMPSが4日、ぴあアリーナMMで全国ツアー「FOREVER IN THE DAZE TOUR 2021-2022」初日公演をおこなった。ツアーは、2022年1月までに全国6箇所12公演を予定している。

 「本当にあっという間で、本当に来てくれてありがとうございます。ありがとうしか出てこないな……。いろいろ話したいことはあるんだけど、こうやって顔と顔を突き合わせると、『ありがとう』以外出てこなくて。生で会ったあなたたち一人ひとりが俺にとってのリアルであり、この瞬間をずっと待ち望んでいた。ありがとう」

 本編、最後のMCで野田洋次郎はありったけの実感を込めるようにして、オーディエンスに感謝の意を述べた。去る11月23日に約3年ぶりのニューアルバム『FOREVER DAZE』をリリースし、そして約2年3ヶ月ぶりに開催するツアー「FOREVER IN THE DAZE TOUR 2021-2022」の初日を迎えられた喜びは、やはりこういった世界の様相を誰もが体感しているからこそ、格別だっただろう。

(撮影=Takeshi Yao)

 12月4日、神奈川県・ぴあアリーナMM。RADWIMPSは野田洋次郎と武田祐介に加え、ツインドラムとして森瑞希とエノマサフミ、さらに今回のツアーから初参加となるツインギターのTAIKING(Suchmos)とマスダミズキ(miida)という布陣でそのステージに立った。ツアーは始まったばかりなのでセットリストや演出面の詳細は伏せるが、とにかくそのアンサンブルはフレッシュだった。

(撮影=Takeshi Yao)

 たとえば『FOREVER DAZE』から披露された「桃源郷」や「MAKAFUKA」然り、RADWIMPSはこうも幾度となく生まれ変わるようにして新しい息吹をまとえるのかという感嘆の念を楽曲が重なっていくごとに覚えたし、このバンドのあり方そのものがまた『FOREVER DAZE』というアルバムのメッセージ性=「どれだけしんどいことがあっても、自分は揺らめきながら、たゆたいながら音楽を作っていくんだなと思えました」(野田洋次郎が『FOREVER DAZE』に寄せたコメントより)という意思を体現しているとも思った。

(撮影=Takeshi Yao)

 『FOREVER DAZE』の収録曲が既存の楽曲群とどのように交わり、有機的な融合を果たすのか。あるいは、映像作家の山田健人が手がける演出は巨大なビジョンに映えるモーショングラフィックや最新の技術を存分に活かしたライティングで『FOREVER DAZE』の世界とRADWIMPSの現在地を立体的に際立たせているので、そのあたりもぜひ注目してほしい。

 RADWIMPSがRADWIMPSを活き活きと更新するツアーが、幕を開けた。(text:三宅正一)

(撮影=Takeshi Yao)

公演情報

【FOREVER IN THE DAZE TOUR 2021-2022】

2021年

12月4日(土) 神奈川県・ぴあアリーナMM
12月5日(日) 神奈川県・ぴあアリーナMM
12月21日(火) 福岡県・マリンメッセ福岡A館
12月22日(水) 福岡県・マリンメッセ福岡A館

2022年

1月8日(土) 千葉県・幕張メッセ国際展示場9-11ホール
1月9日(日) 千葉県・幕張メッセ国際展示場9-11ホール
1月18日(火) 兵庫県・神戸ワールド記念ホール
1月19日(水) 兵庫県・神戸ワールド記念ホール
1月25日(火) 愛知県・日本ガイシホール
1月26日(水) 愛知県・日本ガイシホール
1月29日(土) 宮城県・セキスイハイムスーパーアリーナ
1月30日(日) 宮城県・セキスイハイムスーパーアリーナ

この記事の写真

記事タグ


コメントを書く(ユーザー登録不要)